不滅のロックンロール魂 忌野清志郎のドラマ主題歌を一覧にしてみた。

ドラマ主題歌
スポンサーリンク

忌野清志郎が歌った連続ドラマ主題歌は何曲あるか?

こんにちは、きゅーです。

今回は忌野清志郎さんのドラマ主題歌をみていこうと思います。

 

2009年5月2日に忌野清志郎さんが亡くなられてから10年。

10年経ったというのに忌野清志郎さんの名曲たちはいまだにこれっぽっちも色あせませんね。色あせないどころかいまだに多くのアーティストに影響を与え続けている、死してもなお健在なタフすぎるロックンロール魂を感じます。

 

RCサクセションがデビューしてから50年を迎える2020年。

来年2020年の1月18日には大阪で『忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー Oh!RADIO~五十年ゴム消し~』の開催が決定しています。

(もう開催されていました。かな…(;’∀’))

 

前回『ナニワ・サリバン・ショー』が開催されたのは2006年。

実に14年ぶりの開催に胸が躍りますね。

 

発表されている出演者は…

ここで言うのはやめようかな。ホームページでどうぞ☞こちら

 

どうですか?

かなりのメンバーがすでに揃ってますね。

でもすでにソールドアウト。(12月現在)

 

忌野清志郎さんもオーティス栗原さんもライナップにいます。

気を抜くと涙腺がやばいです。どういうことなんですか?(泣

 

今回は忌野清志郎さんの楽曲の中から

ドラマ主題歌に注目し紹介していこうと思います。

 

 

さて、

忌野清志郎の歌う連続ドラマ主題歌は何曲あると思いますか?

 

 

始めます。

忌野清志郎とは

日本のロックミュージシャン。2009年5月2日死去。享年58歳。

 

1968年RCサクセションを結成。

1970年3月5日、高校3年生の時に「宝くじは買わない」でデビュー。

 

1977年以降からはメンバーの加入・脱退を繰り返しつつも、1980年1月21日発売の9thシングル「雨あがりの夜空に」や1980年10月28日発売の11thシングル「トランジスタ・ラジオ」などのヒットを飛ばす。

 

1991年にRCサクセションは活動休止を発表。

 

RCは活動休止までに、1990年9月27日発売の『Baby a Go Go』でオリジナルアルバムを11枚、

1976年にリリースしていた6thシングル「スローバラード」を映画主題歌起用のためリミックスした「スローバラード(RE-MIXED VERSION)」を8cmCDで再発売した作品でシングルが22枚、発売。

ほか、ミニアルバムやカバーアルバムなども、あり。

 

ソロ活動では、RCサクセションとしての活動と並行して1982年に坂本龍一さんと組んでシングル「い・け・な・いルージュマジック」を発表したことを皮切りに、それ以降も数多くのユニットやバンドを結成し活動をしていた清志郎さん。

 

2018年11月7日には清志郎さんの活動全てから選曲したポップ・サイドを凝縮して収録のベストアルバム『ベストヒット清志郎』が発売されている。

忌野清志郎の連続ドラマ主題歌リスト

プライベート

忌野清志郎 & 2・3’S名義のシングル。1993年10月から1994年3月までTBS系で放送、岩城滉一さん主演のドラマ『デザートはあなた』の主題歌。

サラリーマン

ソロ名義のシングル。1994年TBS系、緒形直人さん主演の春ドラマ『ボクの就職』の主題歌。

口笛

1994年のベストアルバム『MAGIC』に収録。2007年NHK総合の時代劇、内藤剛志さん主演の冬ドラマ『新・はんなり菊太郎〜京・公事宿事件帳〜』の主題歌。

RCサクセションの連続ドラマ主題歌リスト

サン・トワ・マミー

ベルギーの歌手サルヴァトール・アダモさんの楽曲をカバー。1988年10月から1991年9月までフジテレビ系で放送、もたいまさこさん、室井滋さん、小林聡美さん出演のコメディドラマ『やっぱり猫が好き』のエンディングテーマ。オープニングテーマは矢野顕子さん。

空がまた暗くなる

1990年発表のアルバム『Baby a Go Go』に収録。2015年TBS系、オダギリジョーさん主演の秋ドラマ『おかしの家』の主題歌。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

忌野清志郎さんの連続ドラマ主題歌を紹介してきました。

主題歌リスト合計すると3曲でした。

 

高校の友人と結成したバンドRCサクセションの楽曲でもドラマ主題歌がありました。合計で5曲紹介したことになりますね。

一方はベルギーの人気歌手アダモさんのカバーで、もう一方は2015年の連続ドラマで亡くなられてから6年後、RCサクセションが活動休止してからで数えれば24年の時を越えドラマタイアップに起用されています。

 

言ってしまえば、20年という数字で驚いている場合ではないのかも。

30年経とうが40年経とうが関係ない、永遠に残る名曲が清志郎さんの残した音楽にはたくさんあります。

 

2020年の『忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー Oh!RADIO~五十年ゴム消し~』の開催も驚きましたが、

今後忌野清志郎さんの楽曲にどのような形で注目が集まっても不思議ではないとも感じました。

 

ぼくも改めて徹底的に聴きこみたいと思います。

終わりに

忌野清志郎さんのドラマ主題歌を紹介してきましたが、

あくまで忌野清志郎さんの曲を聴くきっかけとして考えています。

「この曲覚えてる!」「このドラマ面白かった!もう一回見たい!」

「懐かしい」と思い出に浸る、など。

それもいいです。

 

でも、

ドラマ主題歌だけに留まっているのは絶対にもったいないです。

今回の記事ではたった5曲を紹介しただけです。

ぜひ一曲ではなくアルバム単位で購入して聴いてほしいと思います。

 

CDでの購入ももちろんいいのですが、

今の時代、便利なものがあります。まだの方はぜひ。☟

 
気になるアーティストなどの試聴に断然オススメの「Apple Music」。この記事内での30秒試聴はAppleが運営する「Apple Music」で配信している楽曲の試聴となります。「Apple Music」とは人気の定額制の音楽配信サービスです。月額980円で約5000万曲をストリーミングで楽しむことができます。ダウンロードして聴くことも可能で、Wi-Fi環境のもとあらかじめ楽曲をダウンロードしておけば通信ギガ数を減らさずにオフラインで聴くことができます。いま始めると3ヶ月無料お試し期間もあります。記事内では30秒試聴後に出る「今すぐ開始」をクリックすると登録画面に飛びます。こちらからでも☞Apple Musicに登録。2019年6月には登録人数6000万人を突破!

 

ライブ情報としては、しつこくなってしまいますが2020年1月18日に開催される『ナニワ・サリバン・ショー』ですね。

 

そしてRCサクセションデビュー50周年なので1月のそのイベントで終わり、

とは思えないのが正直なところ。

 

イベントやライブ関連の情報の詳細は公式ホームページでご確認くださいね。

それ以降の追加情報にも注意が必要だと思います。続報待機!

 

では今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント