「ひだまりの詩」の大ヒットで知られる Le Coupleのドラマ主題歌を一覧にしてみた。

ドラマ主題歌
スポンサーリンク

Le Coupleが歌った連続ドラマ主題歌は何曲あるか?

こんにちは、きゅーです。

今回はLe Couple(ル・クプル)のドラマ主題歌をみていこうと思います。

 

ル・クプルといえば、「ひだまりの詩」。

1990年代にフジテレビ系で放送され、高視聴率を記録した大ヒットドラマ『ひとつ屋根の下』の第2弾、『ひとつ屋根の下2』の挿入歌です。

 

挿入歌にして150万枚を越える売り上げを記録。

もちろん、ベースには主題歌のチューリップ「サボテンの花」があるのですが、

ドラマタイアップという肩書を抜きにしても「ひだまりの詩」は今も愛される名曲です。

 

そんなLe Coupleのドラマ主題歌に注目し紹介です。

2005年に活動休止という形にはなってしまいましたが、ドラマタイアップという切り口からLe Coupleの曲を改めて。

 

 

さて、

Le Coupleの歌う連続ドラマ主題歌は何曲あると思いますか?

 

 

始めます。

Le Coupleとは

日本の音楽ユニット。1990年結成。

メンバーは藤田恵美さん、藤田隆二さん。夫婦ユニットであった。

2005年活動休止、2007年離婚。

 

1994年7月21日発売の1stシングル「海の底でうたう唄」でデビュー。

「ひだまりの詩」は1997年5月16日発売の5thシングル。

この曲で1997年12月31日のNHK紅白歌合戦にも出演。

 

活動休止までに、2001年7月4日発売の「Song of Love」でシングルが13枚、

2000年4月19日発売の『Style F』でオリジナルアルバムが6枚、リリースされた。

 

ほか、ベストアルバム、映像作品など、あり。

追記☞今も音楽活動を続ける藤田恵美さんが2021年2月に開催したライブを音源化した『Headphone Concert 2021』が2021年6月11日に発売されています。

連続ドラマ主題歌リスト

Sofa

6thシングル。1997年日本テレビ系、室井滋さん主演の秋ドラマ『心療内科医・涼子』のオープニングテーマ。エンディングテーマは室井滋さん。

逢えてよかった

8thシングル。1998年10月から12月にかけてTBS系で放送、東ちづるさん主演の昼帯ドラマ『再婚トランプ』の主題歌。

お帰りなさい

10thシングル。1999年テレビ東京系、高嶋政伸さん主演の夏ドラマ『田舎で暮らそうよ』の主題歌。

連続ドラマ挿入歌リスト

ひだまりの詩

ひだまりの詩をYouTubeで

5thシングル。1997年フジテレビ系、江口洋介さん主演の春ドラマ『ひとつ屋根の下2』の挿入歌。主題歌はチューリップ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Le Coupleの連続ドラマ主題歌を紹介してきました。

主題歌リストと挿入歌リストを合計すると4曲でした。

 

5thシングルで人気ドラマの挿入歌に起用されブレイクを果たし、

その後は主題歌として3曲、起用されていました。

 

ボーカルの藤田さんは活動休止の4年前にあたる2001年からソロ活動を開始しており、

ソロ活動としてのキャリアだけでも約20年にもなります。

 

今後の藤田さんの活動にも注目していきたいと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

終わりに

Le Coupleのドラマ主題歌を紹介してきましたが、

あくまでLe Coupleの曲を聴くきっかけとして考えています。

「この曲覚えてる!」「このドラマ面白かった!もう一回見たい!」

「懐かしい」と思い出に浸る、など。

それもいいです。

 

でも、

ドラマ主題歌だけに留まっているのは絶対にもったいないです。

今回の記事ではたった4を紹介しただけです。

ぜひ一曲ではなくアルバム単位で購入して聴いてほしいと思います。

 

CDでの購入ももちろんいいのですが、

今の時代、便利なものがあります。まだの方はぜひ。☟

無料で音楽聴き放題サービスをはじめよう!
【本気ならおすすめはApple Music】
個人 月額980円(税込)
ファミリー(6人まで) 月額1480円(税込)
学生 月額480円(税込)
曲数 9000万曲超
オフライン再生 有(Wi-Fi環境の元DL)

※金額はいずれもトライアル終了後、且つ記事作成時の情報となります。

最新の詳細は登録時Apple Music画面でご確認ください。

 

ライブ情報ですが、藤田恵美さんの情報を紹介します。

現時点ではライブ予定はありませんでした!

 

過去の「伺った場所」という項目を確認すると、小学校を訪問してライブする活動も多くありました。

そういった活動もなされているんですね。

 

ライブ関連の詳細、更新は藤田さんの公式ホームページやSNSでご確認をお願い致します。

音源で聴くのももちろんいいのですが、このブログではずっと会場で生の音を体感することを全力でお勧めしています。

 

好きなアーティストが近くの会場に来てくれるときには

ジッとしてないでチケットを手に会場に行きましょう!

コメント