新潟県出身のシンガーソングライター 笹川美和のドラマ主題歌を一覧にしてみた。

ドラマ主題歌
スポンサーリンク

笹川美和が歌った連続ドラマ主題歌は何曲あるか?

こんにちは、きゅーです。

今回は笹川美和さんのドラマ主題歌をみていこうと思います。

 

 

笹川美和さんの代表曲といえば、

やはりメジャーデビュー曲でもある「」は不動かと。

 

聴けば聞いたことあるという方も多そう。

2018年のベストアルバムリリースのタイミングで改めて2018Ver.のMVが制作され公開されています。

「笑」をYouTubeで

 

どこか民謡っぽさも感じる歌声と唯一無二の世界観で

その後、CMやドラマなど多くのタイアップにも起用されます。

 

記憶に新しいところだと2018年。

俳優の斎藤工さん監督作品の『Blank13』の主題歌に2012年に発表していた曲「家族の風景」が起用されたことでも注目されていました。

 

「家族の風景」はex.SUPER BUTTER DOGのボーカルだったハナレグミさんが2002年に発表したソロデビュー曲のカバーとなります。

ぜひ双方の歌声とも聴いてほしい、名曲です。

 

はい少ーし話が逸れました。

今回は笹川美和さんのこれまでの楽曲からドラマ主題歌に注目し紹介です。

 

さて、

笹川美和の歌う連続ドラマ主題歌は何曲あると思いますか?

 

 

始めます。

笹川美和とは

(※リンク内の2020年5月のツアーはコロナの影響で中止。)

日本のシンガーソングライター。

2000年にモスバーガークリスマスイメージソング起用をきっかけに活動開始。

 

インディーズでミニアルバム『黄黒』、シングル「向日葵」、「金木犀/笑」、「太陽」などのリリースを経て、

2003年9月18日発売の1stシングル「」でメジャーデビュー。

 

2007年に一度インディーズレーベルへ移籍し活動していたが、

2012年にはメジャーレーベルと再契約を交わした。

 

これまでに、2006年11月8日発売の「迷いなく」でシングルが9枚、

2018年1月31日発売の『新しい世界』でオリジナルアルバムが8枚、発売済。

 

ほか、ミニアルバム、配信シングル、ベストアルバムなど、あり。

最新のベストアルバムは2018年10月31日発売のデビュー15周年記念ベストアルバム「豊穣 -BEST ’03~’18-」。

連続ドラマ主題歌リスト

金木犀

2ndシングル。2004年TBS系、ともさかりえさん主演の春ドラマ『新しい風』の主題歌。

午前4時36分

2ndミニアルバム『都会の灯(まちのあかり)』に収録。2012年12月から2013年1月にかけてWOWOWで放送、水野美紀さん主演のドラマ『天の方舟』の主題歌。

続く

配信シングル。2014年4月から5月にかけてNHK BSプレミアムで放送、高橋克典さん主演のドラマ『珈琲屋の人々』の主題歌。

【番外編】映画主題歌リスト

プリズム

2ndミニアルバム『都会の灯(まちのあかり)』に収録。2013年12月14日公開、石橋杏奈さん主演の映画『ゆめのかよいじ』の主題歌。

家族の風景

家族の風景をYouTubeで

1stミニアルバム『愚かな願い』に収録のハナレグミのカバー曲。2018年2月3日公開、高橋一生さん主演の映画『blank13』の主題歌。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

笹川美和さんの連続ドラマ主題歌を紹介してきました。

主題歌リスト合計すると3曲でした。

 

 

地上波、WOWOW、NHK BSとさまざまな曲のタイアップを何とまぁ!

そして悩んだ末、省きはしたのですが、2020年2月リリースの最新の配信シングル「あなたと笑う」はWEBショートムービーの主題歌になっていました。

地上波、WOWOW、NHK BS、さらにはWEBショートムービーまで、何とまぁ!

 

はい、そして番外編として映画主題歌も入れています。

冒頭でも紹介した『Blank13』もありました。+2で合計5曲ですね。

 

2018年の15周年ベストリリース後の音源はほぼなかったのですが、

新曲「あなたと笑う」が発表され20周年に向けた活動も楽しみになってきたところでした。

 

コロナの影響でしばらくは思うように活動できない状況ではありますが、

引き続き楽しみにしておきたいと思いますよ。

終わりに

笹川美和さんのドラマ主題歌を紹介してきましたが、

あくまで笹川美和さんの曲を聴くきっかけとして考えています。

「この曲覚えてる!」「このドラマ面白かった!もう一回見たい!」

「懐かしい」と思い出に浸る、など。

それもいいです。

 

でも、

ドラマ主題歌だけに留まっているのは絶対にもったいないです。

今回の記事ではたった5曲を紹介しただけです。

ぜひ一曲ではなくアルバム単位で購入して聴いてほしいと思います。

 

CDでの購入ももちろんいいのですが、

今の時代、便利なものがあります。まだの方はぜひ。☟

 
気になるアーティストなどの試聴に断然オススメの「Apple Music」。この記事内での30秒試聴はAppleが運営する「Apple Music」で配信している楽曲の試聴となります。「Apple Music」とは人気の定額制の音楽配信サービスです。月額980円で約5000万曲をストリーミングで楽しむことができます。ダウンロードして聴くことも可能で、Wi-Fi環境のもとあらかじめ楽曲をダウンロードしておけば通信ギガ数を減らさずにオフラインで聴くことができます。いま始めると3ヶ月無料お試し期間もあります。記事内では30秒試聴後に出る「今すぐ開始」をクリックすると登録画面に飛びます。こちらからでも☞Apple Musicに登録。2019年6月には登録人数6000万人を突破!

 

ライブ情報ですが、5月に東名阪を周るツアーが予定されていましたが、

先日中止が発表されていました、これはもう仕方ない!💦

 

ライブ関連の詳細は公式ホームページやSNSでご確認をお願い致します。

変化があってもここは更新しない可能性が高いので。

 

ソーシャルディスタンスを守った形でのイベント開催は、確実に赤字でしょう。

徐々に有料配信によるカバーも普通になってくるとは思うのですが、ここだけの話それはライブじゃないです。

 

会場で体感することこそライブなんですよ。

そういったイベントに参加したことがないひとは配信も革命的なのかもしれないけどね。

 

そういう人こそコロナが終息したらライブに参加してみてほしい。

すっごいから!!!!

 

 

ジャンル関係なく音源で良いと感じた音楽は

絶対会場に足を運んでみることを全力でお勧めしています!

コメント