70年代の日本の音楽シーンを牽引し今も現役 谷村新司のドラマ主題歌を一覧にしてみた。

ドラマ主題歌
スポンサーリンク

谷村新司が歌った連続ドラマ主題歌は何曲あるか?

こんにちは、きゅーです。

今回は谷村新司さんのドラマ主題歌をみていこうと思います。

 

1971年に堀内孝雄さん、矢沢透さんと共にフォークグループ・アリスを結成。1972年にアリスのボーカルとしてデビューを飾った谷村新司さんです。2017年にはアーティスト活動45周年を迎えています。以前書いたアリスのもう一人のボーカル、堀内さんのドラマ主題歌記事はこちら。

 

「谷村新司の代表曲」と聞いて一番に挙げられる曲と言えばなんでしょうか。これが名曲だらけでけっこう難しい。1978年に山口百恵さんに提供した共に一番の代表曲と言っても過言ではない曲「いい日旅立ち」や、「いい日旅立ち」と同年に発表されたアリスの最大のヒット曲「チャンピオン」はまず谷村さんの48年のアーティスト活動を通して外せない2曲であることは間違いないように思う。

その勢いのまま1980年にソロ2ndシングルとして発表した「昴-すばる-」はいまなお多くの人々に愛されているし、なんだかんだ言って1992年の発表以来2020年まで19回にわたり【24時間テレビ】で使用されていることでも知られる加山雄三さんと共作曲「サライ」は老若男女問わない意味でも不動の強さがありそう。それでいて、サライと同時期に発表された阿久悠さん作詞の「三都物語」もまた幾度にもわたりCMソングとして流れているため耳にする機会も多い。これだけでももう5曲だ。

(太字5曲のうち「サライ作曲」、「三都物語作詞」以外は谷村さん作詞作曲)

 

もちろんいまパッと挙げた5曲だけが谷村さんの代表曲かと言うと絶対に違う。ほかにも名曲はたくさんある。ただなかには自然と耳にするレベルの曲以外知らないという人も少なくなさそう。それって絶対に勿体ない。今回はいま挙げた5曲が該当しない❝ドラマ主題歌❞というジャンルに注目し谷村さんの楽曲を紹介します。

 

さて、

谷村新司の歌う連続ドラマ主題歌は何曲あると思いますか?

 

 

始めます。

谷村新司とは

日本のシンガーソングライター、タレント、フォークグループ・アリスのリーダー。

1971年12月25日にアリスを結成、1972年3月5日発売の1stシングル「走っておいで恋人よ」でデビュー。谷村新司さん、堀内孝雄さん、のソロ活動活発化によりアリスは1981年に活動停止。

1981年11月7日のアリスラストライブまでに、1981年6月5日発売の「エスピオナージ」でシングルを20枚、1981年7月5日発売の『ALICE IX 謀反』でオリジナルアルバムを9枚、発表。

ちなみに、アリスは3度の期間限定の再始動の末、2009年には完全再始動した。2019年5月から2020年2月にかけては6年ぶりの大規模ツアーを開催した。

 

谷村さんは1974年アリスの活動と平行してソロ活動を開始。1974年11月5日発売の1stアルバム『』でソロデビュー。その後5枚のアルバムをリリース、山口百恵さんなどへの楽曲提供活動でも注目を浴び、1979年6月5日には自ら歌唱する1stソロシングル「陽はまた昇る」を発表。1980年4月1日発売の2ndシングル「昴-すばる-」は60万枚を越える大ヒットとなった。

これまでに、2017年10月4日発売の「嗚呼/Keep On!」でシングルが53枚、発売済。アルバム作品としてはオリジナルアルバムのほか、ベストアルバム、セルフカバーアルバム、カバーアルバム、ライブアルバムなどがある。

 

デビュー45周年記念イヤーの2017年4月5日にはアリス&ソロ&カバーで構成された新録中心のオールタイムベストアルバム『STANDARD〜呼吸〜』を発表。また、最新のリリース作品としては2020年8月26日発売の新録多数含むソロ・コンセプト・セレクト・アルバム『谷村文学選2020 〜グレイス〜』がある。

連続ドラマ主題歌リスト

陽はまた昇る

1stシングル。1979年5月から9月にかけてフジテレビ系で放送、加藤剛さん主演のドラマ『陽はまた昇る』の主題歌。

青年の樹

5thシングル。1981年5月から11月にかけてTBS系で放送、宇津井健さん主演のドラマ『野々村病院物語(パートⅠ)』の主題歌。1982年11月から1983年5月にかけて放送の『野々村病院物語(パートⅡ)』でも主題歌。

小さな肩に雨が降る

8thシングル。1983年4月から8月にかけてTBS系で放送、矢崎滋さん主演のドラマ『オサラバ坂に陽が昇る』の主題歌。

陽のあたる坂道 / うたかた~泡沫~

後に発売された『シングルB面コレクション』のボーナストラック収録された曲と19thシングル「今のままでいい」のカップリングか…(?)。1987年10月から1988年4月にかけてよみうりテレビの朝のドラマ枠で放送されていたドラマ『おさと』の主題歌と挿入歌。

階(きざはし)

29thシングル。1993年1月から6月にかけて放送、東山紀之さん主演のNHK大河ドラマ『琉球の風』のオープニングテーマ。

櫻守

35thシングル。1997年7月から9月にかけてテレビ朝日系で放送、小林稔侍さん種ねの時代劇ドラマ『藤沢周平の用心棒日月抄』の主題歌。

さくら

 

 

27thアルバム『オリオン13』に収録。2007年5月から7月にかけてテレビ朝日系で放送、北大路欣也さん主演の時代劇ドラマ『八州廻り桑山十兵衛〜捕物控ぶらり旅』の主題歌。

単発ドラマ主題歌リスト(テーマ曲含む)

儚きは

13thシングル「愛の誓い -Give it all today-」のカップリング曲。1985年2月11日にTBS系で放送、中村勘九郎(十八代目中村勘三郎)さん主演のスペシャルドラマ『幕末青春グラフィティ 福沢諭吉』の主題歌。

都に雨の降るごとく

24thシングル。1990年1月1日にTBS系で放送、東山紀之さん主演で放送された大型時代劇スペシャル『源義経』の主題歌。

『失われた時の流れを』テーマ曲

 

 

1990年3月23日フジテレビ系で放送、中井貴一さん主演のスペシャルドラマ『失われた時の流れを』のテーマ音楽を担当。

【番外編】映画主題歌リスト

群青

4thシングル。1981年8月8日公開、小林桂樹さん主演の映画『連合艦隊』の主題歌。

青春残酷物語

11thシングル。1984年11月17日公開の映画『海に降る雪』の主題歌。

夢になりたい

46thシングル「桜は桜」のカップリング収録。2009年2月7日公開、西田敏行さん主演の映画『旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ』の主題歌。

昴 / いい日旅立ち

原曲は1980年の曲と1978年に山口百恵さんに提供した曲。2017年5月6日公開、升毅さん主演の映画『八重子のハミング』の劇中曲とエンディングテーマ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。谷村新司さんの連続ドラマ主題歌を紹介してきました。主題歌リストを合計すると7曲でした。

別枠の単発ドラマタイアップではテーマ音楽という位置づけも含め3曲紹介し、4thシングルの「群青」を紹介したかった想いから映画主題歌も番外編という形で入れました。合計で16曲、14作品紹介しています。メインはあくまで連続ドラマ主題歌です。(笑)

改めてドラマや映画のタイアップをまとめてみても本当に名曲が多いですね。おまけとして紹介した映画作品で、「群青」が主題歌の『連合艦隊』と、「昴」と「いい日旅立ち」を使用している『八重子のハミング』がすごく気になりました。

連続ドラマも面白そうな作品も多かったのですが、配信やDVDで観ることができるのか確認中です。今も現役の谷村さんなのでまだまだ映像作品のタイアップ追加の可能性もあるように思います。今後の活動にも注目です。

終わりに

谷村新司さんのドラマ主題歌を紹介してきましたが、あくまで谷村新司さんの曲を聴くきっかけとして考えています。「この曲覚えてる!」「このドラマ面白かった!もう一回見たい!」「懐かしい」と思い出に浸る、などそれもいいです。

でも、ドラマ主題歌だけに留まっているのは絶対にもったいないです。今回の記事ではたった16曲を紹介しただけです。ぜひ一曲ではなくアルバム単位で購入して聴いてほしいと思います。

CDでの購入ももちろんいいのですが、今の時代、便利なものがあります。まだの方はぜひ。記事作成時点では全曲解禁されているわけではなさそう。要確認。☟

無料で音楽聴き放題サービスをはじめよう!
【本気ならおすすめはApple Music】
個人 月額980円
ファミリー(6人まで) 月額1480円
学生 月額480円
曲数 7000万曲超
オフライン再生 有(Wi-Fi環境の元DL)

※金額はいずれもトライアル終了後

 

ライブ情報ですが、2019年5月から2021年2月にかけてのアリス全国コンサートを終え、2020年はソロ活動が再スタートする年でした。5月にリリースが発表された新アルバムは8月に延期され、それを引っさげたソロコンサートツアーもコロナウイルス感染拡大の影響で多くの公演が延期となっています。

ライブ関連の詳細は公式ホームページでご確認お願い致します。見てみると、つい先日には帝国ホテル開業130周年記念イベントへの出演もあったようです。いつ情報更新があってもいいようにマメなチェックを。好きな音楽は音源で聴くだけでなくぜひ会場へ。シンプルに生歌って凄いです。

 

アーティスト活動50周年を2022年に控えています。

今後の音楽活動にも期待しましょう。

コメント