ONE OK ROCKの映画主題歌を一覧にしてみた。興行収入TOP3も!

映画主題歌
スポンサーリンク

ONE OK ROCKの映画主題歌は何曲あるか?

今回はONE OK ROCKの映画主題歌をみていこうと思います。

 

映画主題歌紹介第6弾です。ワンオクの映画主題歌といったら『るろうに剣心』シリーズは外せないでしょう。和月伸宏氏による人気漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』を原作とし、主演に佐藤健さんを迎え実写化した人気映画シリーズ。2012年8月に第1弾が公開。2014年の第2弾2部作を経て今年2021年4月と6月に公開となった最終章2部作『るろうに剣心 最終章 The Final』と『るろうに剣心 最終章 The Beginning』をもってシリーズが完結しました。

4月に公開された『ーThe Final』はいまのところ2021年興行収入ナンバー1の実写映画となっています。2020年夏に公開予定だったところを新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け2021年に公開が延期されたものの、その延期され公開されたタイミングもまたコロナによる緊急事態宣言と重なってしまった。にもかかわらず300万人を越える観客動員数を記録するほどの大ヒットという結果を出し不動の人気を証明した。この人気映画シリーズを”主題歌”で10年近くに渡り全面的に支えていたのがこのーワンオクロックーだ。

 

早速ワンオクの映画タイアップ紹介、

始めます。

ONE OK ROCKとは

日本のロックバンド。

メンバーはTakaさん(Vo)、Toruさん(Gt)、Ryotaさん(Ba)、Tomoyaさん(Dr)の4人。

 

2005年4月に原型となるバンドを結成、5月にTakaがバンドに加入。

インディーズ活動の後、2007年4月25日発売の1stシングル「内秘心書」でメジャーデビュー。

脱退・加入を経て2009年9月に現メンバーでの活動を開始。

 

これまでに、

2014年7月30日発売の「Mighty Long Fall/Decision」でシングルが9枚、

2019年2月13日発売の『Eye of the Storm』でアルバムが9枚、発売済。

2015年7月にはアメリカのワーナー・ブラザース・レコードとも契約。

 

ほか、配信シングル、会場限定シングル、映像作品など、あり。

興行収入ランキングTOP3

1位:キングダム

興行収入57.3億円

Wasted NightsをYouTubeで

2019年4月19日公開、山崎賢人さん主演の映画。主題歌は9thアルバム『Eye of the Storm』に収録の「Wasted Nights」。

※動画配信サービスサイトについての注意

2位:るろうに剣心 京都大火編

興行収入52.2億円

Mighty Long FallをYouTubeで

2014年8月1日公開、佐藤健さん主演の映画。同年9月13日公開『るろうに剣心 伝説の最期編』との前後編2部構成作品。主題歌は9thシングル「Mighty Long Fall」。

※動画配信サービスサイトについての注意

3位:るろうに剣心 伝説の最期編

興行収入43.5億円

HeartacheをYouTubeで

2014年9月13日公開、佐藤健さん主演の映画。前月8月1日公開の『るろうに剣心 京都大火編』との前後編2部作。主題歌は7thアルバム『35xxxv』に収録の「Heartache」。

※動画配信サービスサイトについての注意

ランキングは以上です。ここまでで3曲。

以下は主題歌リストとなります。古い順です。

映画主題歌リスト

The Beginning

The BeginningをYouTubeで

7thシングル。2012年8月25日公開、佐藤健さん主演の映画『るろうに剣心』の主題歌。

※動画配信サービスサイトについての注意

LOST AND FOUND

5thアルバム『残響リファレンス』に収録。2012年11月24日公開、山田孝之さん主演の映画『ミロクローゼ』の主題歌。

※動画配信サービスサイトについての注意

the same as…

6thアルバム『人生×僕=』に収録。2012年12月15日公開、麻生久美子さんと大泉洋さん主演の映画『グッモーエビアン!』の主題歌。

※動画配信サービスサイトについての注意

Be the light

Be the lightをYouTubeで

6thアルバム『人生×僕=』に収録。2013年9月7日公開のCGアニメーション映画『キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK-』の主題歌。

Taking Off

Taking OffをYouTubeで

配信リリース後、8thアルバム『Ambitions』に収録。2016年11月12日公開、小栗旬さん主演の映画『ミュージアム』の主題歌。

※動画配信サービスサイトについての注意

In the Stars(feat. Kiiara)

9thアルバム『Eye of the Storm』に収録。2019年2月15日公開、神木隆之介さん主演の映画『フォルトゥナの瞳』の主題歌。

※動画配信サービスサイトについての注意

Renegades

RenegadesをYouTubeで

配信リリース済。2021年4月23日公開、佐藤健さん主演の映画『るろうに剣心 最終章 The Final』の主題歌。同年6月4日公開『るろうに剣心 最終章 The Beginning』との前後編2部構成作品。

Broken Heart of Gold

Broken Heart of GoldをYouTubeで

配信リリース済。2021年6月4日公開、佐藤健さん主演の映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』の主題歌。同年4月23日公開『るろうに剣心 最終章 The Final』との前後編2部構成作品。
※動画配信サービスサイトについて

 

リンクした作品の配信確認は2021年9月1日時点です。

最新の配信状況は公式の各動画配信サービスサイトでご確認ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ONE OK ROCKの映画主題歌をまとめてみました。興行収入ランキングと主題歌リストを合計すると11曲でした。

興行収入ランキングに目を向ければ1位は『キングダム』で、2位と3位は剣心シリーズの第2弾2部作が2作ともランクイン。2021年に公開した第3弾2部作の一つ目『ーThe Final』の興行収入は43億弱なので、3位の43.5億円に約5000万差にまで迫る勢いがありました。

剣心のタイアップで5曲、残り6曲はそれ以外なので剣心シリーズが完結してもそのほかの映画主題歌起用は今後も全然あると思います。追加があれば引き続きできる限り更新していく予定です。注目しましょう。

ワンオクが主題歌だと映画館で観たくなるのはぼくだけじゃないはず。🐵

終わりに

ONE OK ROCKの映画主題歌を紹介してきましたが、あくまで少しでもONE OK ROCKの曲を聴くきっかけになればと考えています。映画主題歌というジャンルに小さくまとまっていては絶対勿体ないです。この記事ではたった11曲を紹介しただけです。ぜひいろいろ聴いてみてほしいと思います。

CDでの購入ももちろんいいのですが、いまの時代便利なものがあります。まだの方はぜひ。Spotify、Amazonミュージックほか、いろいろあるけどここではApple Musicを紹介☟

無料で音楽聴き放題サービスをはじめよう!
【本気ならおすすめはApple Music】
個人 月額980円(税込)
ファミリー(6人まで) 月額1480円(税込)
学生 月額480円(税込)
曲数 7000万曲超
オフライン再生 有(Wi-Fi環境の元DL)

※金額はいずれもトライアル終了後、且つ記事作成時の額となります。

最新の詳細は登録時Apple Music画面でご確認ください。

 

さてライブ情報ですが、最近では2021年7月22日から25日までの4日間アコースティックライブを山梨県河口湖のステラシアターにて開催しており、さらに31日にはこのツアーの模様をオンラインで世界配信する企画もありました。ライブ関連の詳細、追加情報は公式ホームページやSNSでご確認お願い致します。今後の予定もいつ発表になるのか予想できないのでそれも見逃さぬようSNSはフォローは忘れずに!

前回の記事投稿した翌日7月7日にロッキンの中止が発表され、まもなくしてとある関西フェスの2週目が急遽中止の発表。今年の夏の音楽イベントがどうなっていくのかを予想してしまって、2年連続のこの状況に昨年以上のダメージを感じながら絶望していたら気づいたら7月どころか8月が終わってました。フリーのイラスト卒業しようとか?全く考えてない。(笑)

 

(ここから書くことは進展があったりしたら消すと思います☟あまりこういうことに口出してもね…。)

どうしたら以前のような全力でお勧めできるライブができる環境に戻るのかを考えたときに、世界の音楽イベントに目を向けました。実験とはいえマスクなしソーシャルディスタンスなしのフェスを開催しているアメリカやイギリスと同じように、ウイルスと戦う術としてワクチン接種証明以外にPCR検査陰性証明(入場時48時間以内に検査したものを提示する義務、同時に陽性は諦めて家で寝る義務)は絶対必要であるように感じています。保健所の負担を減らすために濃厚接触者の範囲を狭めるという対策が実行されているらしいが、そうではなくて保健所を通さなくても海外の対策と同様にPCR検査を気軽に無料で受けられるようにすべき。ワクチンを打つ打たないは自由だとうたうのならばその代わりになる無料PCR検査は「安心」に繋がるはず。2類だから保健所を通さなくてはいけないから5類にしてインフルのレベルにしてしまうのが得策という意見も見た。でも5類にしてしまうことでインフルといっしょなら余裕じゃん!ってしてしまう人が必ず出てくる。少数派でもコロナ禍では莫大な影響がある。極力少数でもいちゃあいけない。ここ数日それが十分に思い知らされた。ワクチンが個人の自由とうたうのなら尚更で、希望がワクチンだけっていうのがあまりにも危険であることにも気づいてほしい。2類のままでなんとかPCR検査を気軽に受けられる環境を求めます。どうせ病床が埋まっていて自宅療養なら何十万人感染者がいることが判明したとしても一緒なのではないかとさえ思う今日この頃。この考え方も音楽、そしてライブが好きだからこういう角度でしか見れないのかもしれない。いったい何が正しいのか。とはいえウイルスは気まぐれで時間で収束したりもするしねぇ…。あんだけ言い争いしたのにって。💧

(☝ここまで)

 

勢いでブログ更新してたら言ってはいけないことを言ってしまいそうになります。何気に毒舌猿。スポーツの祭典よりぼくは小規模な音楽の祭典でも「感動」できる側の人間だったりするので。スポーツの祭典つまんねーよー!

コロナのせいで全力でライブをお勧めして良いのかは正直難しいところ。ただ会場にいる全員で同時にその音を感じれるライブがなにより優勝って考えは全く変わってない。開催するアーティストがいたのなら応援してあげてください。

しっかりルールを守って、思いやりを忘れずに。

 

これから聴き始める人、

ぜひいつかワンオクのライブにも行ってみてよ。

コメント