鳥取県出身のシンガーソングライター 折坂悠太のドラマ主題歌を一覧にしてみた。

ドラマ主題歌
スポンサーリンク

折坂悠太が歌った連続ドラマ主題歌は何曲あるか?

こんにちは、きゅーです。

今回は折坂悠太さんのドラマ主題歌をみていこうと思います。

 

折坂悠太さんご存知でしょうか。

弾き語りでの独奏のほか、複数のメンバーを交えた合奏や重奏といった3形態でライブ活動を続けるシンガーソングライターです。2018年には『FUJI ROCK FESTIVAL』に合奏で出演していました。唯一無二な音楽センスで現在の音楽業界で異才を放っています。

そんなことよりもまず、フジテレビ月9ドラマの『監察医 朝顔』の主題歌「朝顔」を歌っている人、と言った方が早いかもしれないですね。現状ドラマ主題歌はこの一曲。(笑)

2020年11月スタートの第2シリーズ主題歌にも同曲が使用されています。

 

ぼくもまだまだ折坂さん詳しくはないのですが、2019年に『CDショップ大賞』を受賞したアルバム『平成』は受賞が発表されてすぐにがっつり聴いたものです。正直、収録の「平成」、「揺れる」、「さびしさ」、「光」に完全に引き込まれました。

それがいきなりの月9ドラマ主題歌。しかもシリーズ連続で。凄い。

 

 

『CDショップ大賞』は2009年から始まった全日本CDショップ店員の選出によるアルバム作品音楽賞で、第1回の2009年に大賞だったのが相対性理論というバンドでした。これからのバンド発掘の音楽賞なんだなという印象。その後もBAWDIES、andymori、ももクロ、マンウィズ、ホルモンと大賞が続いていくわけですが、マンウィズからすでに発掘と言っていいのか怪しいけど、明らかに発掘じゃない選出として2017年の宇多田ヒカルさんのアルバム『Fantome』がありました。準大賞が後にドラマ主題歌でブレイクしたAimerさん。

2018年に米津玄師さんが大賞になってその後2019年春のドラマタイアップでAimerさんが注目されたもんだから、2019年には赤(何度でも聴きたくなる作品)と青(新人のアルバムを対象に選考するブレイクを期待される作品)の2項目それぞれの大賞を設けたんだって。それにより大賞として選出されたのが星野源さんの『POP VIRUS』と折坂さんの『平成』だったんだそうな。

準大賞は該当者なし。

 

え、ちょっと待って。

文句みたいになっちゃうけど、じゃあ過去の準大賞にも注目するべきじゃないの。Aimerさんはたまたま脚光を浴びたけど。2009年、2010年に準大賞の大橋トリオさんとか清竜人さんが大好きなんだけど、もっともっと表に出てきてほしい。ドラマタイアップ起用しようぜ!(# ゚Д゚)

2018年に準大賞だった台風クラブ、PUNPEEさんも注目したいし。PUNPEEさんは最近コラボレーションとかで名前見るようになってきたかも…。

 

はい、関係ないことでごめんなさい、そのうち余計なところは消そうか。

今回は折坂悠太さんがこれまで発表してきた楽曲からドラマ主題歌に注目しています。

 

増えることも想定して、

折坂悠太の歌う連続ドラマ主題歌は何曲あると思いますか?

 

 

始めます。

折坂悠太とは

日本のシンガーソングライター。鳥取県に生まれ、千葉県で育つ。

2014年11月22日に自主制作でミニアルバム『あけぼの』を、2016年9月7日にはフルアルバム『たむけ』を発表。

 

2018年1月17日に2ndミニアルバム『ざわめき』をリリースし、CDショップ大賞の大賞に選出された『平成』はその後2018年10月3日に発売された2ndアルバムです。

朝顔』は2019年8月5日に配信限定シングルとして発表され、同年11月3日にアナログレコード盤が発売されています。

 

ほか、配信シングル、ライブアルバム、アナログ盤など、あり。

2020年4月1日には最新配信シングル「トーチ」を発表、同年11月3日にはミニアルバム『あけぼの』とアルバム『たむけ』がそれぞれアナログレコードで発売されます(た)。

連続ドラマ主題歌リスト

朝顔

朝顔をYouTubeで

配信限定シングル。2019年フジテレビ系、上野樹里さん主演の夏ドラマ『監察医 朝顔(2019)』の主題歌。2020年11月より放送の第2シリーズでも主題歌継続。

【番外編】映画主題歌リスト

 

 

劇伴音楽&主題歌を書き下ろし。2020年11月20日公開予定、仲野太賀さん主演の映画『泣く子はいねぇが』の主題歌。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

折坂悠太さんの連続ドラマ主題歌を紹介してきました。

主題歌リストを合計すると1曲でした。

 

1曲とはいえ、「朝顔」ですよ。

ドラマのために書き下ろされたこの曲は、❝ドラマのエンディングにこの曲を聴いて晴れやかな気持ちになってもらいたい❞という折坂さんの願いが込められており、イントロからの歌いだしは優しく語り掛けるように始まりそこで必要以上に聴くひとを引き付けておいて、サビはその言葉通りに伸びやかな歌声を響かせドラマを見ていた人を晴れやかな気持ちにさせてくれる。

もうこれは世代関係なく万人にウケる楽曲をドラマ主題歌に持ってきたなぁという印象があります。しかもですよ。それが第2シリーズでも使用されるというではないですか。押しが激しい!

 

そして、2020年11月公開予定の主題歌と劇伴音楽を担当するという発表もあったので期待も込めて番外編として別枠で入れておきました。今後の折坂さんの発表する楽曲も楽しみで仕方ない。💦

「朝顔」以上の曲を期待するというよりただひたすらに折坂悠太という人の放つ音楽の世界観を追いかけたくなる気持ちです!

終わりに

折坂悠太さんのドラマ主題歌を紹介してきましたが、

あくまで折坂悠太さんの曲を聴くきっかけとして考えています。

「この曲覚えてる!」「このドラマ面白かった!もう一回見たい!」

「懐かしい」と思い出に浸る、など。

それもいいです。

 

でも、

ドラマ主題歌だけに留まっているのは絶対にもったいないです。

今回の記事ではたった2曲を紹介しただけです。

ぜひ一曲ではなくアルバム単位で購入して聴いてほしいと思います。

 

CDでの購入ももちろんいいのですが、

今の時代、便利なものがあります。まだの方はぜひ。☟

無料で音楽聴き放題サービスをはじめよう!
【本気ならおすすめはApple Music】
個人 月額980円
ファミリー(6人まで) 月額1480円
学生 月額480円
曲数 6000万曲超
オフライン再生 有(Wi-Fi環境の元DL)

※金額はいずれもトライアル終了後

 

ライブ情報ですが、2020年は3月に梅田と渋谷で予定されていましたが、新型コロナ感染拡大の影響で中止となっていました。

代りに配信ライブを開催していたようです。

 

ライブ関連の詳細は公式ホームページやSNSでご確認お願い致します。

いつ情報が解禁されても良いようにSNSはフォローを忘れずに。

 

音源で良い音楽はライブで観たらもっと良い。

貴重なライブのチャンスを見逃すなー。

コメント