Aqua Timezのドラマ主題歌を一覧にしてみた。視聴率TOP3も!

ドラマ主題歌
スポンサーリンク

Aqua Timezが歌った連続ドラマ主題歌は何曲あるか?

こんにちは、きゅーです。

今回はAqua Timezのドラマ主題歌をみていこうと思います。

 

Aqua Timezは、2018年いっぱいの活動をもって解散となってしまいました。

が、彼らの残した楽曲たちは色あせることはありませんね。

 

代表曲としてメジャーデビュー前の自主制作の頃からある曲でもある「等身大のラブソング」があります。

インディーズレーベルからリリースされた1stアルバム『空いっぱいに奏でる祈り』に収録され、そのアルバムも累計で80万枚を売り上げ一気にブレイクを果たしました。

 

自主制作の作品をリリースしてから解散までの約14年間の彼らの活動の中から、

ドラマ主題歌に注目して彼らの楽曲をふり返ります。

最後までよろしくお願いします。

 

さて、

Aqua Timezの歌う連続ドラマ主題歌は何曲あると思いますか?

 

 

始めます。

Aqua Timezとは

メンバーは、ボーカルの太志さん、ベースのOKP-STARさん、ギターの大介さん、キーボードのmayukoさん、ドラムスのTASSHIさんの5人。

 

自主制作での作品、「いつもいっしょ」と『悲しみの果てに灯る光』を経て、

2005年8月24日にインディーズから1stアルバム『空いっぱいに奏でる祈り』をリリース。

2006年7月5日にシングル「決意の朝に」でメジャーデビューを果たす。

 

解散までに、2016年9月28日発売の「12月のひまわり」でシングルが19枚、

2018年4月25日発売の『二重螺旋のまさゆめ』でオリジナルアルバムが8枚、発売されている。

 

ほか、ミニアルバム、ベストアルバム、ライブアルバム等、あり。

最新のベストアルバムは2015年8月25日発売の『10th Anniversary Best(RED & BLUE)』。

平均視聴率ランキングTOP3

1位:ごくせん(第3シリーズ)

平均視聴率22.8%

虹をYouTubeで

2008年日本テレビ系、仲間由紀恵さん主演の春ドラマ。主題歌は6thシングル「」。
2位:ゴーストママ捜査線〜僕とママの不思議な100日〜

平均視聴率10.9%

つぼみをYouTubeで

2012年日本テレビ系、仲間由紀恵さん主演の夏ドラマ。主題歌は15thシングル「つぼみ」。
3位:ジョシデカ!-女子刑事-

平均視聴率9.12%

小さな掌をYouTubeで

2007年TBS系、仲間由紀恵さんと泉ピン子さん主演の秋ドラマ。主題歌は5thシングル「小さな掌」。

ランキングは以上です。ここまで3曲。

以下は主題歌リストとなります。古い順です。

連続ドラマ主題歌リスト

生きて

生きてをYouTubeで

17thシングル。2014年TBS系、仲間由紀恵さん主演の秋ドラマ『SAKURA〜事件を聞く女〜』の主題歌。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Aqua Timezの連続ドラマ主題歌を紹介してきました。

視聴率ランキングと主題歌リスト合計すると4曲でした。

 

なにより、4作品中4作品が仲間由紀恵さん主演のドラマということですね!

『ごくせん』は大ヒットドラマシリーズですし、作品にも恵まれているということは言えそう。

 

正直に言わせてもらうと、なぜ仲間由紀恵さんの作品のみになっているのかは正直わからないです。(笑)

Aqua Timezの楽曲は色んなジャンル、色んなキャストのドラマにもしっくりくるように思うのですが。

 

まぁ、けっしてマイナスにはなっていないので、仲間由紀恵さん専属も良いと思います!

もしいつかまた、活動再会することになってもぜひドラマ主題歌を歌うAqua Timezが見たい。

 

最近解散しても活動再会するグループが多いから、解散を解散と思わない自分がいますよ。

どうしても終わりな気がしません。ごめんなさい。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

終わりに

Aqua Timezのドラマ主題歌を紹介してきましたが、

あくまでAqua Timezの曲を聴くきっかけとして考えています。

「この曲覚えてる!」「このドラマ面白かった!もう一回見たい!」

「懐かしい」と思い出に浸る、など。

それもいいです。

 

でも、

ドラマ主題歌だけに留まっているのは絶対にもったいないです。

今回の記事ではたった4曲を紹介しただけです。

ぜひ一曲ではなくアルバム単位で購入して聴いてほしいと思います。

 

この記事を作成するにあたり、ぼく自身もAqua Timezの楽曲を聴きなおしてみたのですが、

歌詞がとにかく素晴らしいですね、苦しい時しんどい時に背中を押してくれるという意味が

わかりました。本当に解散が勿体ないと思いました。

 

 

ラストライブの映像作品が発売されていました。

彼らの最後のライブは必見だと思います。ぜひに!

コメント