BENIのドラマ主題歌を一覧にしてみた。視聴率TOP3も!

ドラマ主題歌
スポンサーリンク

BENIが歌った連続ドラマ主題歌は何曲あるか?

こんにちは、きゅーです。

今回はBENIさんのドラマ主題歌をみていこうと思います。

 

幼少期は沖縄とアメリカを行き来する暮らしをしており、

両親が音楽好きだったため様々な曲を聴いて育ったBENIさん。

 

2012年3月21日にリリースした男性シンガーの楽曲を英語詞でカバーしたアルバム『COVERS』が自身最大の売上を誇り、カバーアルバムシリーズの『COVERS3』までの総売り上げ枚数が100万枚を越えているのだとか。凄い!

 

最新の英語詞カバーアルバムは2017年9月13日発売の4作目『COVERS THE CITY』。これもまた様々な曲が英語詞でBENIさんの楽曲としてアレンジされています。

もちろんカバー曲だけでなく、オリジナル曲にも注目しなくてはいけない、

ということで!

 

今回はBENIさんのドラマ主題歌に注目し、紹介していこうと思います。

 

さて、

BENIが歌う連続ドラマ主題歌は何曲あると思いますか?

 

 

 

始めます。

BENIとは

日本の女性歌手。

デビューから2008年11月のavex traxからユニバーサルミュージックに移籍の際に、本名の「安良城紅」名義での活動から、「BENI」名義に改名。

2008年12月10日発売の9thシングル「もう二度と…」からが「BENI」名義となる。

 

2004年6月9日発売の1stシングル「Harmony」でメジャーデビュー。

童子-Tの12thシングルにコラボゲストとして参加した「もう一度… feat.BENI」でミュージックステーションにも出演。

 

これまでに、2015年8月12日発売の「フォエバ」でシングルが26枚、

2018年11月28日発売の『CINEMATIC』でオリジナルアルバムが10枚、発売済。

 

ほか、ベストアルバム、カバーアルバム、配信シングルなど、あり。

カバーアルバムは数枚リリースされていて、多くの支持を集めている。最新のベストアルバムは2014年6月11日発売の『BEST All Singles & Covers Hits』。

平均視聴率ランキングTOP3

1位:松本清張 黒革の手帖

平均視聴率15.7%

 

 

Here aloneをYouTubeで

2004年テレビ朝日系、米倉涼子さん主演の秋ドラマ。主題歌は3rdシングル「Here alone」。
2位:松本清張・最終章 わるいやつら

平均視聴率9.35%

 

 

2007年テレビ朝日系、米倉涼子さん主演の冬ドラマ。主題歌は8thシングル「Luna」。
3位:霊感バスガイド事件簿

平均視聴率9.2%

 

 

2004年テレビ朝日系、菊川怜さん主演の春ドラマ。主題歌は1stシングル「Harmony」。

ランキングは以上です。ここまで3曲。

以下は主題歌リストとなります。古い順です。

連続ドラマ主題歌リスト

永遠

永遠をYouTubeで見る

22ndシングル。2012年NHK総合で放送、優香さん主演の冬ドラマ『本日は大安なり』の主題歌。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

BENIさんの連続ドラマ主題歌を紹介してきました。

視聴率ランキングと主題歌リスト合計すると4曲でした。

 

デビュー曲からドラマ主題歌であったことや、4曲中3曲が「安良城紅」名義のときに抜擢されていること、

逆に言えば、「BENI」名義でも一作品のドラマ主題歌を取得していることがわかりました。

 

そして2019年公開のオムニバス映画『夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風』の中の鈴木伸之さん主演の「時々もみじ色」の主題歌「夢色日和」を書き下ろしています。

 

主題歌を書き下ろしたのは初だそうで、今後の期待も膨らみますよね。

今後のBENIさんの活動に注目していきたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

終わりに

BENIさんのドラマ主題歌を紹介してきましたが、

あくまでBENIさんの曲を聴くきっかけとして考えています。

「この曲覚えてる!」「このドラマ面白かった!もう一回見たい!」

「懐かしい」と思い出に浸る、など。

それもいいです。

 

でも、

ドラマ主題歌だけに留まっているのは絶対にもったいないです。

今回の記事ではたった4曲を紹介しただけです。

ぜひ一曲ではなくアルバム単位で購入して聴いてほしいと思います。

 

サブスク解禁はユニバーサルミュージックに移籍後の楽曲のみ

解禁されているようです。Apple Musicを紹介します☟

 
気になるアーティストなどの試聴に断然オススメの「Apple Music」。この記事内での30秒試聴はAppleが運営する「Apple Music」で配信している楽曲の試聴となります。「Apple Music」とは人気の定額制の音楽配信サービスです。月額980円で約5000万曲をストリーミングで楽しむことができます。ダウンロードして聴くことも可能で、Wi-Fi環境のもとあらかじめ楽曲をダウンロードしておけば通信ギガ数を減らさずにオフラインで聴くことができます。いま始めると3ヶ月無料お試し期間もあります。記事内では30秒試聴後に出る「今すぐ開始」をクリックすると登録画面に飛びます。こちらからでも☞Apple Musicに登録。2019年6月には登録人数6000万人を突破!

 

ライブ情報ですが、まずファンクラブイベントが2月16日に開催されるようです。

そして、15周年を記念したツアー『BENI “NEW MOON” LIVE TOUR2020』が4月11日の宮城公演を皮切りに、5月30日の東京公演まで全8公演が発表されていました。

 

ライブ関連の詳細はホームページやSNSでご確認くださいね。

公式を確認するのが一番間違いないですから。こんなとこより!(笑)

 

 

好きなアーティストの曲は音源だけでは絶対もったいないと思います。

実際に会場に足を運んで生の音で体感しましょう。

コメント