世界で活躍するイギリスの少年合唱団 リベラのドラマ主題歌を一覧にしてみた。

ドラマ主題歌
スポンサーリンク

リベラが歌った連続ドラマ主題歌は何曲あるか?

こんにちは、きゅーです。

今回はリベラのドラマ主題歌をみていこうと思います。

 

 

リベラは、イギリス、サウスロンドンに住む少年達のなかからオーディション選抜により結成されたボーイ・ソプラノ・ユニットです。

その歌声は世界中を魅了し、日本でもその聖なる癒しの歌声は多くの人に支持され、定期的に来日公演が開催されるほど。

2017年以降は秋の東京&大阪でのコンサートが恒例にもなっています。

 

リベラの曲は映画やドラマ、CMなど日本でも多くタイアップがあり、

さらにはフィギュアスケート選手の浅田真央さんがリベラの楽曲でエキシビジョンを滑ったこともありました。

 

今回はそんなリベラのこれまで日本でリリースされた作品からドラマ主題歌に注目し紹介していきます。

以前、洋楽のドラマ主題歌をまとめたこともあるのですが、リベラは洋楽?と迷うところもあり、こうして単独記事にしています。(笑)

 

さて、

リベラの歌う連続ドラマ主題歌は何曲あると思いますか?

 

英語タイトルの”原題”ももちろんあるのですが、基本”邦題”のみでやるよ。

 

 

 

では、始めます。

リベラとは

イギリスの作曲家ロバート・プライズマンさんが創設・主宰し、1998年に発足。

メンバーは7歳から18歳までの男子で、正式な公表こそないが、コンサートなどのMCによれば40人ほど在籍しているらしい。

 

前身は1984年に発足しており、2度の改名の末1998年に「リベラ」となった。

1999年10月15日発売の1stアルバム『Libera』で日本デビュー。

ベストアルバムも織り交ぜつつ、2019年10月16日発売の『Christmas with LIBERA』でアルバム作品が28枚リリースされている。

 

ほか、映像作品も、あり。

日本の作曲家の村松崇継さんや、千住明さんが手掛けた楽曲にロバートさんが歌詞をつけた曲も多くタイアップになっている。2018年には、亀田誠治さん作詞・作曲・プロデュースによる全編日本語のオリジナル曲「明日へ~for the future」が制作された。

連続ドラマ主題歌リスト

サルヴァ・メ

1999年発表のアルバム『Libera』に収録。2001年NHKで放送、中井貴一さん主演の春ドラマ『ある日、嵐のように』の主題歌。

彼方の光

2006年発表の楽曲。2006年1月から2月までNHKで放送、玉木宏さん主演のドラマ『氷壁』の主題歌。

生命(いのち)の奇跡

2011年発表のアルバム『生命(いのち)の奇跡』に収録。2011年4月から5月までNHKで放送、松坂慶子さん主演のドラマ『マドンナ・ヴェルデ〜娘のために産むこと〜』の主題歌。

連続ドラマ劇中歌リスト

ヘッドライト・テールライト / 彼方の光

2019年発表のアルバム『Christmas with LIBERA』に収録。2018年TBS系で放送、阿部寛さん主演の秋ドラマ『下町ロケット(2018)』の劇中歌。

【番外編】映画主題歌リスト

あなたがいるから

2008年発表のアルバム『祈り〜あなたがいるから』に収録。2009年1月24日公開、佐藤浩市さん、志田未来さん、主演の映画『誰も守ってくれない』の主題歌。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

リベラの連続ドラマ主題歌を紹介してきました。

主題歌リスト合計すると3曲でした。

 

1998年の結成から定期的にドラマタイアップがあるのがわかりますね。

劇中歌とはいえ、『下町ロケット』は主題歌のない連続ドラマでした。

 

全話ではないの…かもしれないですが、重要なシーンで歌入りの曲が流れるのはインパクトも強いと思います。

主題歌として全話で流してもよかったんじゃないだろうか。

 

そして映画主題歌も1曲紹介しています。合計5曲ですね。

今後もリベラの日本でのドラマや映画など、タイアップには注目しましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

終わりに

リベラのドラマ主題歌を紹介してきましたが、

あくまでリベラの曲を聴くきっかけとして考えています。

「この曲覚えてる!」「このドラマ面白かった!もう一回見たい!」

「懐かしい」と思い出に浸る、など。

それもいいです。

 

でも、

ドラマ主題歌だけに留まっているのは絶対にもったいないです。

今回の記事ではたった5曲を紹介しただけです。

ぜひ一曲ではなくアルバム単位で購入して聴いてほしいと思います。

 

CDでの購入ももちろんいいのですが、

今の時代、便利なものがあります。まだの方はぜひ。☟

 
気になるアーティストなどの試聴に断然オススメの「Apple Music」。この記事内での30秒試聴はAppleが運営する「Apple Music」で配信している楽曲の試聴となります。「Apple Music」とは人気の定額制の音楽配信サービスです。月額980円で約5000万曲をストリーミングで楽しむことができます。ダウンロードして聴くことも可能で、Wi-Fi環境のもとあらかじめ楽曲をダウンロードしておけば通信ギガ数を減らさずにオフラインで聴くことができます。いま始めると3ヶ月無料お試し期間もあります。記事内では30秒試聴後に出る「今すぐ開始」をクリックすると登録画面に飛びます。こちらからでも☞Apple Musicに登録。2019年6月には登録人数6000万人を突破!

 

ライブ情報ですが、例年通り2020年10月に大阪東京での公演が予定されていましたが、先日延期が発表されたようです。

2021年10へ丸々1年の延期ということなのですが、これはもう仕方ないですよね。

おのれコロナめ!

 

ライブ関連の詳細は公式ホームページ、SNSでご確認お願い致します。

いつ情報がアップされても良いようにマメにチェックしましょう。

 

2018年に亀田誠治さんプロデュースで日本語詞の楽曲が完成したというのは、

東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向けて日本と世界をつなぐ架け橋になることを願って作られたということでした。

 

ただ、オリンピック・パラリンピック関係なくとも音楽の力は絶大です。

来年に延期されてしまったオリンピック・パラリンピックですが、この曲を発信する機会は多くあってほしいように思います。

 

 

今年の開催こそ延期になってしましましたが、

いつか、リベラの貴重な癒しの歌声を、会場で!

コメント