RYTHEMのドラマ主題歌を一覧にしてみた。視聴率TOP3も!

ドラマ主題歌
スポンサーリンク

RYTHEMが歌った連続ドラマ主題歌は何曲あるか?

こんにちは、きゅーです。

今回はRYTHEMのドラマ主題歌をみていこうと思います。

 

 

「RYTHEM」は、2011年2月に解散した女性2人組コーラス・ユニットです。

 

ソニー主催のオーディションで後に4thシングルとしてリリースされた自作の楽曲「一人旅シャラルラン」を歌唱し合格。

2003年、高校在学中にリリースされた3枚のシングルが立て続けにタイアップを獲得し人気を集めました。

 

1stシングル、2ndシングルと人気アニメのエンディングテーマとして起用され、

3rdシングル「ブルースカイ・ブルー」は、石原さとみさん主演のNHK連続テレビ小説『てるてる家族』において、もともと挿入歌だったのが100話を越えたあたりで主題歌に昇格したんですよね!

 

作曲:宮川泰、作詞:なかにし礼、歌:RYTHEMの楽曲が歌詞と歌唱力・ハーモニー共々、途中で挿入歌から主題歌に変更しなければならないほど、

徐々に話題となっていった証拠になっているようにも思います。

 

 

今回はそんなRYTHEMのその後2011年まで約8年の活動のなかから、

ドラマ主題歌に注目し紹介していきますよ、よよ!

 

 

さて、

RYTHEMが歌う連続ドラマ主題歌は何曲あると思いますか?

 

 

 

始めます。

RYTHEMとは

神奈川出身の二人組音楽デュオ。2003年結成。

メンバーはピアノ&ボーカルのYUIさん、ギター&ボーカルのYUKAさん、の2人。

2011年2月27日のZepp Tokyoのライブをもって解散。

 

2003年5月21日発売の1stシングル「ハルモニア」でメジャーデビュー。

人気アニメ『NARUTO』のエンディングテーマとなり7万枚を売り上げ、

その後もアニメやドラマのタイアップに多数起用された。

 

解散までに、2010年11月10日発売の「A Flower」でシングルが18枚、

2010年12月8日発売の『リズム』でオリジナルアルバムが4枚、発売。

 

ほか、配信シングル、ベストアルバム、映像作品など、あり。

2011年2月ラストライブ後、5月にはボックスセット『RYTHEM COMPLETE BOX〜Music of the people, by the people, for the people』がリリースされた。

 

2011年以降それぞれソロ活動を開始し、現在に至る。

YUIこと、新津由衣さんの最新リリース作品は2019年5月29日発売のミニアルバム『まるとさんかく』で、YUKAこと、加藤有加利さんの最新リリースはyucat名義で2019年11月27日に発売したミニアルバム『PARALLEL WORLD Ⅴ〜Steam Japan〜』。

平均視聴率ランキングTOP3

1位:てるてる家族

平均視聴率18.9%

2003年9月から2004年3月まで放送、石原さとみさん主演のNHK連続テレビ小説シリーズ第69作目。103話~150話で主題歌となっていたのが3rdシングル「ブルースカイ・ブルー」。1話~102話では不定期挿入歌。
2位:光とともに…〜自閉症児を抱えて〜

平均視聴率15.4%

2004年日本テレビ系、篠原涼子さん主演の春ドラマ。主題歌は5thシングル「万華鏡キラキラ」。
3位:ギネ 産婦人科の女たち

平均視聴率11.7%

2009年日本テレビ系、藤原紀香さん主演の秋ドラマ。エンディングテーマは17thシングル「ツナイデテ」。主題歌はleccaさん。

ランキングは以上です。ここまで3曲。

以下は主題歌リストとなります。古い順です。

連続ドラマ主題歌リスト

あかりのありか

15thシングル。2008年テレビ東京系、安めぐみさん主演の春ドラマ『秘書のカガミ』のエンディングテーマ。オープニングテーマはLUV AND RESPONSE。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

RYTHEMの連続ドラマ主題歌を紹介してきました。

視聴率ランキングと主題歌リスト合計すると4曲でした。

 

4曲は決して多くはないですが、最初のドラマタイアップがNHKの朝ドラで挿入歌から主題歌に昇格という異例の流れで、

しかも石原さとみさん主演の作品という、強烈なインパクトを残した3rdシングルとなったことは間違いなさそう。

 

ほかにも篠原涼子さん、藤原紀香さん、安めぐみさんといった女優が主演の作品の主題歌を歌っており8年の活動期間で

確実に日本の音楽シーンドラマ部門に確かな爪痕を残したユニットだと改めて思った次第でござーる。終。🐵

終わりに

RYTHEMのドラマ主題歌を紹介してきましたが、

あくまでRYTHEMの曲を聴くきっかけとして考えています。

「この曲覚えてる!」「このドラマ面白かった!もう一回見たい!」

「懐かしい」と思い出に浸る、など。

それもいいです。

 

でも、

ドラマ主題歌だけに留まっているのは絶対にもったいないです。

今回の記事ではたった4曲を紹介しただけです。

ぜひ一曲ではなくアルバム単位で購入して聴いてほしいと思います。

 

CDでの購入ももちろんいいのですが、

今の時代、便利なものがあります。まだの方はぜひ。☟

 
気になるアーティストなどの試聴に断然オススメの「Apple Music」。この記事内での30秒試聴はAppleが運営する「Apple Music」で配信している楽曲の試聴となります。「Apple Music」とは人気の定額制の音楽配信サービスです。月額980円で約5000万曲をストリーミングで楽しむことができます。ダウンロードして聴くことも可能で、Wi-Fi環境のもとあらかじめ楽曲をダウンロードしておけば通信ギガ数を減らさずにオフラインで聴くことができます。いま始めると3ヶ月無料お試し期間もあります。記事内では30秒試聴後に出る「今すぐ開始」をクリックすると登録画面に飛びます。こちらからでも☞Apple Musicに登録。2019年6月には登録人数6000万人を突破!

 

RYTHEMとしての活動は、もちろん解散しているので予定はないのですが、

それぞれの公式ホームページを見ると、それぞれのスタイルでソロプロジェクトによるライブ活動は行っているようでした。

 

いまはこの事態ですので延期や中止になっている公演ばかりなのは仕方ない。

ライブ関連の詳細は公式ホームページやSNSでご確認お願い致します。

 

もし、RYTHEMの二人に少しでも興味を持ったのなら、

これは好きな音楽かもしれない!!と思ったのなら、

また、普通にライブが全員で心から楽しめるようになったのなら、

ぜひとも会場に足を運んでほしいと思います。

 

 

行ったことある人は良いんです、聞き流してください。

ライブに行ったことない人、絶対に勿体ない。

コメント