back numberの映画主題歌を一覧にしてみた。興行収入TOP3も!

映画主題歌
スポンサーリンク

back numberの映画主題歌は何曲あるか?

今回はback numberの映画主題歌をみていこうと思います。

 

 

コロナの影響でインターハイ史上初の中止を受け、その運営を担当する高校生たちからの手紙をきっかけで制作したback numberの「水平線」。2020年8月18日にYouTubeのみでサプライズ公開されたリリックビデオが約1年1ヶ月後の2021年9月26日に1億回再生を突破した。back numberとしてはクリスマスソングのミュージックビデオが2019年12月21日に1億回再生を突破しており2作目となる。クリスマスシーズンに着実に再生回数を伸ばし、2015年10月27日の公開から実に4年をかけての1億回再生に対し「水平線」は自身最速の記録となった。

この時代に聴く方法がYouTube再生だけしかないのならば再生回数が最速となるのは当然といえば当然。それがなぜか、1年越しの今年2021年にインターハイが無事に開催されたことから8月13日にデジタルシングルとして各配信プラットフォームで配信が開始されると、ストリーミングチャートでは9月初旬から11月初旬にかけ9週連続1位を記録するなど圧倒的勢いで自身最速11月17日にストリーミング累計1億回再生を突破した。

まるでYouTube再生で規制線張られて抑え込まれてた群衆が一気にストリーミングで聴くことに殺到してるみたい。

「押さないで!押さないで!皆聴けますから!💦」

サブスクはそんなことをするスタッフも必要なし。

 

ちなみにback numberの曲でストリーミング再生1億回を突破しているのは「水平線」で7曲目。10月27日に「ヒロイン」、10月20日に「怪盗」、8月11日に「花束」、1月20日に「クリスマスソング」、2020年12月23日に「ハッピーエンド」、2020年9月30日に「高嶺の花子さん」といった順。おすすめ曲記事やるとしたらこれを選んでおけば間違いない。でもドラマ好きなぼくとしては「オールドファッション」も「エメラルド」…等もある。ストリーミング1億回再生いく曲はまだまだ増えるはず。

 

以前、ドラマ主題歌紹介はやりました☟

 

ドラマスゴイ。曲数でなく曲が凄い。

映画はどうなんだろう?

 

始めます。

興行収入ランキングTOP3

1位:銀魂2 掟は破るためにこそある

興行収入37億円

大不正解をYouTubeで

2018年8月17日公開、小栗旬さん主演の人気漫画『銀魂』の実写映画第2弾。主題歌は18thシングル「大不正解」。第1弾の主題歌はUVERworld。

※動画配信サービスサイトについての注意

2位:8年越しの花嫁 奇跡の実話

興行収入28.2億円

瞬きをYouTubeで

2017年12月16日公開、佐藤健さんと土屋太鳳さん主演の映画。主題歌は17thシングル「瞬き」。

※動画配信サービスサイトについての注意

3位:ぼくは明日、昨日のきみとデートする

興行収入18.5億円

ハッピーエンドをYouTubeで

2016年12月17日公開、福士蒼汰さん主演の映画。主題歌は16thシングル「ハッピーエンド」。

※動画配信サービスサイトについての注意

ランキングは以上です。ここまでで3曲。

以下は主題歌リストとなります。古い順です。

映画主題歌リスト

僕の名前を

僕の名前ををYouTubeで

15thシングル。2016年5月28日公開、二階堂ふみさんと山﨑賢人さん主演の映画『オオカミ少女と黒王子』の主題歌。

※動画配信サービスサイトについての注意

黒い猫の歌

黒い猫の歌をYouTubeで

配信リリース後、ベストアルバム『アンコール』に収録。2016年8月6日公開の3DCGアニメーション映画『ルドルフとイッパイアッテナ』の主題歌。

※動画配信サービスサイトについての注意

テーマソングの1曲&挿入歌

笑顔

3rdアルバム『blues』に収録。2012年12月8日公開、武井咲さんと松坂桃李さん主演の映画『今日、恋をはじめます』のテーマ曲。テーマ曲にはback numberら12組が参加。

※動画配信サービスサイトについての注意

電車の窓から

2ndアルバム『スーパースター』に収録。2015年7月11日公開、桐山漣さん主演の映画『群青色の、とおり道』の劇中歌。
※動画配信サービスサイトについて

 

リンクした作品の配信確認は2021年11月25日時点です。

最新の配信状況は公式の各動画配信サービスサイトでご確認ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

back numberの映画主題歌をまとめてみました。興行収入ランキングと主題歌リストを合計すると5曲、5作品でした。

 

別枠では12アーティストがテーマソングに参加している作品とアルバム収録曲の劇中歌を紹介しています。2曲プラスで計7曲。1位は人気漫画『銀魂』の実写映画第2弾で、第1弾主題歌のUVERworldからバトンを受けた形。2016年には映画タイアップが3作品もありました。

2016年の主題歌ラッシュは2015年10月スタートの連続ドラマ主題歌として「クリスマスソング」が起用されドラマ&主題歌双方のヒットで、その勢いが2016年の活動へと繋がっていたようにも感じます。

 

銀魂でパタンと止まった雰囲気もあるけど、まだまだ映画タイアップ追加の可能性は充分にあるはず。

2020年代もback numberの活動に引き続き注目していきます。

終わりに

back numberの映画主題歌を紹介してきましたが、あくまで少しでもback numberの曲を聴くきっかけになればと考えています。初めて聴くひとがまだまだいるはず。映画主題歌というジャンルに小さくまとまっていては絶対勿体ないです。この記事ではたった7曲を紹介しただけです。ぜひいろいろ聴いてみてほしいと思います。

CDでの購入ももちろんいいのですが、いまの時代便利なものがあります。まだの方はぜひ。Spotify、Amazonミュージックほか、いろいろあります。ここではApple Musicを紹介☟

無料で音楽聴き放題サービスをはじめよう!
【本気ならおすすめはApple Music】
個人 月額980円(税込)
ファミリー(6人まで) 月額1480円(税込)
学生 月額480円(税込)
曲数 7000万曲超
オフライン再生 有(Wi-Fi環境の元DL)

※金額はいずれもトライアル終了後、且つ記事作成時の額となります。

最新の詳細は登録時Apple Music画面でご確認ください。

 

ライブ情報ですが、いまのところ予定はない様子。紅白も名前がなかったし、CDJもいない。レディクレも今のところいない。有観客ライブのタイミングは本当に判断は難しいと思う。世界のコロナ感染拡大のニュースを見てると第6波がいつ来てもおかしくない。ただ開催するライブはback numberに限らず全てのアーティスト成功してほしい。邪魔するなコロナ。

ライブ関連の詳細、追加情報はその都度公式ホームページやSNSでご確認をお願い致します。いつ発表があってもいいようにSNSフォローを忘れずに。発表され次第先行抽選に応募だ。back numberはフェスにも多く出演してくれるので観れる機会も本来は比較的多いと思います。

 

単独でもフェスでも!

back numberの音楽を会場で。

コメント