安定感抜群のロックバンド ASIAN KUNG-FU GENERATIONのドラマ主題歌を一覧にしてみた。

ドラマ主題歌
スポンサーリンク

ASIAN KUNG-FU GENERATIONが歌った連続ドラマ主題歌は何曲あるか?

こんにちは、きゅーです。

今回はASIAN KUNG-FU GENERATIONのドラマ主題歌をみていこうと思います。

 

2016年に結成20周年を迎え、今なお最前線でライブを中心に活動しているASIAN KUNG-FU GENERATION。通称アジカン。

アジカンは、インディーズで2002年11月25日にリリースしたミニアルバム『崩壊アンプリファー』収録の「遥か彼方」が2003年4月放送分からのアニメ『NARUTO-ナルト-』のオープニングテーマとして起用されるにあたり、同アルバムの再発売によりメジャーデビューを果たしました。

その後、2012年7月28日公開の映画『劇場版NARUTO-ナルト- ROAD TO NINJA-ロード・トゥ・ニンジャ』の主題歌の18thシングル「それでは、また明日」、テレビ版でも「遥か彼方」のほか、2016年5月放送分からのオープニングテーマとして起用された23rdシングル「ブラックサーキュレーター」とあり、テレビ版に関しては、”メジャーデビューのきっかけ“と、”結成20周年“という2つの節目にナルトのタイアップを取得しています。

 

ナルトのタイアップばかりでなく2004年の『鋼の錬金術師』に起用された5thシングル「リライト」はライブでも定番の代表曲で、一時期ボーカルの後藤さんはライブのMCで「新しいアルバムも聴いてほしい」という旨のことを毎回のように言っていた記憶があります。

といいつつも、2016年結成20周年のタイミングにはそのリライトが収録されている2ndアルバム『ソルファ』を全曲再レコーディングして『ソルファ2016』として発表。なんだかんだ言ってもファンが求めていることを読み取ってしているアジカンが好きです。(笑)

 

だいぶもう語ってしまいましたが、四の五の言わずそんなアジカンのドラマ主題歌に注目し紹介してみます。

アニメタイアップをきっかけにする定番として置いておいて、ドラマタイアップから入門する方法の提案です。

 

さて、

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの歌う連続ドラマ主題歌は何曲あると思いますか?

 

 

始めます。

ASIAN KUNG-FU GENERATIONとは

1996年結成。

メンバーは、 後藤正文さん(Vo/Gt)、喜多建介さん(Gt)、山田貴洋さん(Ba)、伊地知潔さん(Dr)の4人。

 

インディーズで2002年に発売したミニアルバム『崩壊アンプリファー』を2003年4月23日にメジャーから再発。

2003年8月6日に1stシングル「未来の破片」が発売された。

 

(追記含め)これまでに、2021年8月4日発売の「エンパシー」でシングルが28枚、

2018年12月5日発売の『ホームタウン』でフルアルバムが9枚、発売済。

 

ほか、ライブアルバム、ミニアルバム、B面集、ベストアルバムなど、あり。

最新のベストアルバムは2018年3月28日に3枚同時リリースされた『BEST HIT AKG 2』と『BEST HIT AKG Official Bootleg』の“HONE”盤と“IMO”盤。

連続ドラマ主題歌リスト

ループ&ループ

ループ&ループをYouTubeで

4thシングル。2004年8月から10月までよみうりテレビで放送、笠原紳司さん主演のドラマ『駄目ナリ!』の主題歌。

Planet of the Apes / 猿の惑星

Planet of the ApesをYouTubeで

8thアルバム『Wonder Future』に収録。2015年TBS系、山田孝之さん主演の春ドラマ『REPLAY & DESTROY』の主題歌。

※動画配信サービスサイトについての注意

ホームタウン

ホームタウンをYouTubeで

2019年BSテレ東にて放送、三浦貴大さん主演の冬ドラマ『神酒クリニックで乾杯を』の主題歌。

※動画配信サービスサイトについての注意

※動画配信サービスサイトについて

 

リンクした作品の配信確認は2021年9月12日時点です。

最新の配信状況は公式の各動画配信サービスサイトでご確認ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの連続ドラマ主題歌を紹介してきました。

主題歌リストを合計すると3曲でした。

 

細かな時系列が曖昧なのでWikiで見ました。8月に発売された5thシングル「リライト」がアニメ『鋼の錬金術師』のタイアップとして初めて流れたのが7月24日。5月に発売済だった4thシングル「ループ&ループ」が主題歌のドラマ『駄目ナリ!』の初回の放送が8月5日。

ということは、アニメ『鋼の錬金術師』で起用された「リライト」の評判で、一つ前のシングル「ループ&ループ」にも注目が集まり、ドラマ主題歌起用に繋がったようにもみえますね。その後10年はドラマタイアップはなく、動きがあったのは2015年の山田孝之さん主演のドラマでした。

そして2019年、BSテレ東の連続ドラマではありますがタイアップを獲得しています。地上波だけでなく、BSやCS、さらにはネット配信でも”連続ドラマ”というものが制作されている時代になったので、アニメや映画だけでなくドラマの主題歌でアジカンを聴けるチャンスは増えていくように思います。

 

ドラマに限らず今後のアジカンのタイアップには注目しています。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

終わりに

ASIAN KUNG-FU GENERATIONのドラマ主題歌を紹介してきましたが、

あくまでASIAN KUNG-FU GENERATIONの曲を聴くきっかけとして考えています。

「この曲覚えてる!」「このドラマ面白かった!もう一回見たい!」

「懐かしい」と思い出に浸る、など。

それもいいです。

 

でも、

ドラマ主題歌だけに留まっているのは絶対にもったいないです。

今回の記事ではたった3曲を紹介しただけです。

ぜひ一曲ではなくアルバム単位で購入して聴いてほしいと思います。

 

CDでの購入ももちろんいいのですが、

今の時代、便利なものがあります。まだの方はぜひ。☟

無料で音楽聴き放題サービスをはじめよう!
【本気ならおすすめはApple Music】
個人 月額980円(税込)
ファミリー(6人まで) 月額1480円(税込)
学生 月額480円(税込)
曲数 7000万曲超
オフライン再生 有(Wi-Fi環境の元DL)

※金額はいずれもトライアル終了後、且つ記事作成時の額となります。

最新の詳細は登録時Apple Music画面でご確認ください。

 

ライブ情報ですが、2019年は11月24日にはロンドンで、11月28日にはパリでライブを開催していたようです。10月18日、23日、11月1日には『NANA-IRO ELECTRIC TOUR』を15年ぶりに開催。これはアジカンとストレイテナー、そして10年ぶりに活動を再開したELLEGARDENの3組の対バンで、それぞれ大阪(インテックス大阪)、愛知(Aichi Sky Expo ホールA)、神奈川(横浜アリーナ)で行われました。

2019年のライブ予定はイベントで、大阪のRADIO CRAZY(26日出演)と幕張のCOUNTDOWN JAPAN(29日出演)を残すのみといったところ。

 

ライブ関連の詳細は公式ホームページやSNSでご確認お願い致します。

いつ情報の追加があっても良いようにSNSはフォローしておきましょう。

 

アジカンのライブは必見です。

地上波への出演はしないスタイルで、

長年に渡り「ライブ」で第一線を駆け抜け続けています。

コメント