結成21周年!6年ぶりミニアルバムリリース ストレイテナーのドラマ主題歌を一覧にしてみた。

ドラマ主題歌
スポンサーリンク

ストレイテナーが歌った連続ドラマ主題歌は何曲あるか?

こんにちは、きゅーです。

今回はストレイテナーのドラマ主題歌をみていこうと思います。

 

2018年に結成20周年と、メジャーデビュー15周年というアニバーサリーイヤーを迎えていたストレイテナー。通称テナー。

1998年の結成当初のメンバーはボーカル&ギターのホリエアツシさんとドラムスのナカヤマシンペイさんの2人でした。2004年にベースの日向秀和さんと、2008年にギターの大山純さんと元ART-SCHOOLの2人が加入し、現在の4人体制となります。

 

日本のバンドシーンを第一線で引っ張るテナーの”おすすめ曲”を紹介するのもいいかと思ったのですが、もはや説明もいらないのではないか…ということと、アニバーサリーイヤーの2018年にはファン投票による上位25曲とメンバーが選曲した4曲、そして2019年放送のアニメ『アンゴルモア元寇合戦記』のオープニングテーマ「Braver」の計30曲を収めたベストアルバム2枚のリリースがありました。

 

ライブで実際に生演奏、生歌唱を観てきたファンの投票による上位25曲ですから、これ以上のおすすめ曲はないです。(キッパリ)

なので、今回はおすすめ曲ではなく、テナーの連続ドラマ主題歌に目を向け紹介していくことにしました。また違った角度からの選曲でテナーをあまり知らないという人も、そのベストアルバム+ドラマ主題歌でテナー入門しちゃってください!

 

さて、

ストレイテナーの歌う連続ドラマ主題歌は何曲あると思いますか?

 

 

始めます。

ストレイテナーとは

1998年結成。

現メンバーは、ホリエアツシさん(Vo/Gt)、ナカヤマシンペイさん(Dr)、日向秀和さん(Ba)、大山純さん(Gt)の4人。

 

インディーズで2000年6月25日にシングル「戦士の屍のマーチ」をリリース。

インディーズで「戦士の屍のマーチ」を含め4枚のシングル、3枚のアルバムのリリースを経て、

2003年10月16日発売のシングル「TRAVELING GARGOYLE」でメジャーデビュー。

 

これまでに、

2018年4月11日発売の「The Future Is Now/タイムリープ」でシングルが22枚、

2018年5月23日発売の『Future Soundtrack』でフルアルバムが10枚、

2019年10月9日発売の『Blank Map』でミニアルバムが4枚、発売済。

 

ほか、セルフカバーアルバム、アコースティックアルバム、ベストアルバムなど、あり。

最新のベストアルバムは2018年10月17日発売のファン投票で収録曲を決定した『BEST of U -side DAY-』と『BEST of U -side NIGHT-』。

連続ドラマ主題歌リスト

From Noon Till Dawn

From Noon Till DawnをYouTubeで

15thシングル。2012年テレビ東京系、山田孝之さん主演の秋ドラマ『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』のオープニングテーマ。エンディングテーマはmoumoon

The Place Has No Name

The Place Has No NameをYouTubeで

18thシングル。2015年テレビ東京系、岡田将生さん主演の春ドラマ『不便な便利屋』のオープニングテーマ。エンディングテーマはスピッツ

Boy Friend

10thアルバム『Future Soundtrack』に収録。2018年テレビ朝日系で3月に2週に渡り放送、岡田結実さん主演のドラマ『静おばあちゃんにおまかせ』の主題歌。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ストレイテナーの連続ドラマ主題歌を紹介してきました。

主題歌リスト合計すると2019年12月時点で3曲でした。

 

初のドラマタイアップは結成14年目の2012年の山田孝之さん主演のドラマでした。

メディアへの出演がほとんどないライブバンドなのでそういったタイアップが少ないことは何も違和感はなかったのですが、

それ以降はエンディングテーマをスピッツが歌っているドラマのオープニングテーマに起用されたりもしています。

 

3つめのドラマは2話の短編連続ドラマだったのですが、対象としました。

今回紹介した3曲はファン投票で25位圏外だったのですが、またそれも良いですよね。

 

デビュー21周年め、10月にミニアルバムをリリースしたテナーの活動に

今後も注目していきたいと思います。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

終わりに

ストレイテナーのドラマ主題歌を紹介してきましたが、

あくまでストレイテナーの曲を聴くきっかけとして考えています。

「この曲覚えてる!」「このドラマ面白かった!もう一回見たい!」

「懐かしい」と思い出に浸る、など。

それもいいです。

 

でも、

ドラマ主題歌だけに留まっているのは絶対にもったいないです。

今回の記事ではたった3曲を紹介しただけです。

ぜひ一曲ではなくアルバム単位で購入して聴いてほしいと思います。

 

CDでの購入ももちろんいいのですが、

今の時代、便利なものがあります。まだの方はぜひ。☟

 
気になるアーティストなどの試聴に断然オススメの「Apple Music」。この記事内での30秒試聴はAppleが運営する「Apple Music」で配信している楽曲の試聴となります。「Apple Music」とは人気の定額制の音楽配信サービスです。月額980円で約5000万曲をストリーミングで楽しむことができます。ダウンロードして聴くことも可能で、Wi-Fi環境のもとあらかじめ楽曲をダウンロードしておけば通信ギガ数を減らさずにオフラインで聴くことができます。いま始めると3ヶ月無料お試し期間もあります。記事内では30秒試聴後に出る「今すぐ開始」をクリックすると登録画面に飛びます。こちらからでも☞Apple Musicに登録。2019年6月には登録人数6000万人を突破!

 

ライブ情報ですが、『Drawing A Map TOUR』が開催中ですね。

10月26日の新潟公演を皮切りに、12月19日の新木場(追加公演)まで全9公演ありました。

 

ほかイベント出演も。

イベントなどライブ関連の詳細は公式ホームページやSNSでご確認ください。

 

 

20年を越えるキャリアのライブバンドです。

音源だけでなく実際にライブで、生の音を体感しましょう。

コメント