島谷ひとみのドラマ主題歌を一覧にしてみた。視聴率TOP3も!

ドラマ主題歌
スポンサーリンク

島谷ひとみが歌った連続ドラマ主題歌は何曲あるか?

こんにちは、きゅーです。

今回は島谷ひとみさんのドラマ主題歌をみていこうと思います。

 

島谷ひとみさんは2019年でデビュー20周年を迎えました。1999年7月に島田紳助さんプロデュースで演歌歌手として華々しくデビューを飾り、オリコン演歌チャートで初登場1位という記録を残しつつも、2ndシングルで演歌を卒業しポップスに転向。

 

その後、多くのヒット曲をリリースし紅白歌合戦にも4度出演。代表曲としてはやはり、「亜麻色の髪の乙女」で間違いないでしょう。1968年にヴィレッジ・シンガーズが発表した楽曲のカバーで、自身最大のヒットを記録しています。

ちなみにですが、4度の紅白出場のうち、2度の歌唱曲はこの曲でした。

 

「亜麻色の髪の乙女」は島谷さん自身が出演するCMソングとして、のヒットだったのですが

今回は島谷さんのドラマ主題歌に限定して紹介していこうと思います。

 

さて、

島谷ひとみの歌う連続ドラマ主題歌は何曲あると思いますか?

 

 

 

始めます。

島谷ひとみとは

日本の女性歌手。

 

1999年に関西テレビの番組の企画で、島田紳助さんプロデュースのもと演歌歌手として

1stシングル「大阪の女」デビューを果たします。

 

2000年9月27日発売の2ndシングル「解放区」で演歌からポップスに転向。

一番のヒット曲「亜麻色の髪の乙女」は2002年5月9日発売の7thシングル。

 

これまでに、 2018年8月22日発売の「Golden Lady」でシングルが34枚、

2018年11月28日発売の『misty』でオリジナルアルバムが9枚、発売済。

 

 

ほか、ミニアルバム、ベストアルバム、カバーアルバムなど、あり。

20周年イヤーの2019年夏には3枚目のミニアルバム『brilliant』がリリースされている。最新のベストアルバムは2013年7月24日発売の『15th Anniversary SUPER BEST』。

平均視聴率ランキングTOP3

1位:新・科捜研の女2(Season6)

平均視聴率12.8%

真昼の月をYouTubeで

2005年テレビ朝日系、沢口靖子さん主演の夏ドラマ。主題歌は20thシングル「真昼の月」。
2位:プリティガール

平均視聴率9.87%

シャンティをYouTubeで

2002年TBS系、稲森いずみさん主演の冬ドラマ。主題歌は6thシングル「シャンティ」。
3位:マルホの女〜保険犯罪調査員〜

平均視聴率7.1%

やぶれかぶれをYouTubeで

2014年テレビ東京系、名取裕子さん主演の春ドラマ。主題歌は33rdシングル「やぶれかぶれ」。

ランキングは以上です。ここまで3曲。

以下は主題歌リストとなります。古い順です。

連続ドラマ主題歌リスト

涙くんさよなら

 

 

Blue-Eye-Land名義のシングル。1999年12月から2000年3月までTBS系で放送の昼帯ドラマ『新・天までとどけ』の主題歌。

ふたりでいいじゃない

鈴木雅之&島谷ひとみのデュエットシングル。2006年12月から2007年3月までTBS系で放送、石橋奈美さん主演の昼帯ドラマ『結婚式へ行こう!』の主題歌。

WAKE YOU UP

WAKE YOU UPをYouTubeで

28thシングル。2008年4月から2009年3月までテレビ東京系で放送、窪田正孝さん主演の特撮ドラマ『ケータイ捜査官7』のオープニングテーマ。

心のままに

心のままにをYouTubeで

2016年発表のミニアルバム『心のままに〜心のままに&sessions〜』に収録。2016年NHK総合で放送、田中麗奈さん主演の冬ドラマ『愛おしくて』の主題歌。

【番外編】4夜連続ドラマと1年間にわたり時間枠の主題歌を紹介

Hold my soul

8thシングル「亜麻色マキシ」に収録。2002年GWに4夜連続で放送された舘ひろしさん主演のドラマ『新宿鮫-氷舞-』の主題歌。

元気を出して

元気を出してをYouTubeで

11thシングル。2003年春期から2004年冬期までの期間で『NHK夜の連続ドラマ』枠で放送された作品たちの主題歌でした。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

島谷ひとみさんの連続ドラマ主題歌を紹介してきました。

視聴率ランキングと主題歌リスト合計すると2020年1月時点で

7曲でした。(別名義と鈴木雅之さんとのデュエット曲も含む)

 

4夜連続ドラマと1年間にわたるNHKのオムニバス?のような連続ドラマの主題歌は別にしました

プラス2曲で合計9曲紹介。

 

1stシングル「大阪の女」と2ndシングル「解放区」の間にBlue-Eye-Land名義のシングル「涙くんさよなら」があります。

別名義を使用した理由としては、当時まだ演歌歌手として活動していたためのようです。

坂本九さんが1965年に発表したこの曲のカバーを歌ったことをきっかけにポップスへの転向と関連しているかもしれませんね。

 

そして、1968年の楽曲「亜麻色の髪の乙女」のカバーにも流れは繋がっていそう。

演歌歌手としてずっと続けていたらどうなっていたか…、など考えても仕方ないですが(笑)

 

ポップスに転向することで大成功した数少ないアーティストの一人として

島谷ひとみさんは外せない歌手だと、改めて思いました。

 

 

20年を越え21年目、今後の活躍にも期待しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

終わりに

島谷ひとみさんのドラマ主題歌を紹介してきましたが、

あくまで島谷ひとみさんの曲を聴くきっかけとして考えています。

「この曲覚えてる!」「このドラマ面白かった!もう一回見たい!」

「懐かしい」と思い出に浸る、など。

それもいいです。

 

でも、

ドラマ主題歌だけに留まっているのは絶対にもったいないです。

今回の記事ではたった9曲を紹介しただけです。

ぜひ一曲ではなくアルバム単位で購入して聴いてほしいと思います。

 

CDでの購入ももちろんいいのですが、

今の時代、便利なものがあります。まだの方はぜひ。☟

 
気になるアーティストなどの試聴に断然オススメの「Apple Music」。この記事内での30秒試聴はAppleが運営する「Apple Music」で配信している楽曲の試聴となります。「Apple Music」とは人気の定額制の音楽配信サービスです。月額980円で約5000万曲をストリーミングで楽しむことができます。ダウンロードして聴くことも可能で、Wi-Fi環境のもとあらかじめ楽曲をダウンロードしておけば通信ギガ数を減らさずにオフラインで聴くことができます。いま始めると3ヶ月無料お試し期間もあります。記事内では30秒試聴後に出る「今すぐ開始」をクリックすると登録画面に飛びます。こちらからでも☞Apple Musicに登録。2019年6月には登録人数6000万人を突破!

 

ライブ情報ですが、2019年は8月18日から12月1日にかけて9公演のツアー『HITOMI SHIMATANI 20th ANNIVERSARY FINAL LIVE TOUR 2019』が開催されていたようですね。

 

2020年の活動はまだ発表はないようなのですが、12月1日のツアーファイナルでは21年目は「今までやれなかったことにチャレンジしたい」という宣言があったそうです。

 

何にチャレンジするのか楽しみに待機!

ライブの詳細や追加、ほかの新しい情報の追加などの詳細はホームページやSNSでご確認ください。いつ追加情報があってもいいようにマメにチェックしましょう。

 

島谷ひとみさん昔聴いてたけど最近聴いてなかったなという方も

実際にライブに足を運んで生の音を体感しましょう。

 

スマホでライブ映像を好きなように見れる時代だからこそ、

会場に足を運ぶことに意味があると思います。

コメント