80年代を代表する女性ボーカルバンド レベッカのドラマ主題歌を一覧にしてみた。

ドラマ主題歌
スポンサーリンク

レベッカが歌った連続ドラマ主題歌は何曲あるか?

こんにちは、きゅーです。

今回はレベッカ(REBECCA)のドラマ主題歌をみていこうと思います。

 

レベッカは2015年に再結成され、その年の紅白歌合戦にも初出場。

さらに、2017年には17年ぶりのシングル「恋に堕ちたら」をリリースしています。

 

この曲は2017年に開催された28年ぶりの全国ツアーに向けて制作された新曲で、

ファンの熱望もありシングル化が実現したそうです。

 

とはいえ、レベッカと言えば、やはり「フレンズ」ですよね。

世代問わず知らない人などいないといっても過言ではないくらいの名曲。

 

この曲は、レベッカの4thシングルとしてリリースされ、同時期に日本テレビで放送の秋ドラマの主題歌として起用されたこともあり、30万枚を売上げます。

さらには、「フレンズ」収録の4thアルバム『REBECCA IV 〜Maybe Tomorrow〜』は当時ロックバンドとしては異例のミリオンセールスを記録しました。

 

1985年1月に中心的メンバーの脱退を経て、それまでのロック路線からシンセポップ路線にシフトしたことで、いい意味でのギャップにもなりこの成功に繋がったと言えるのかもしれません。

ちなみに、脱退したレベッカのザ・ロックとも言うべき人物の木暮武彦さんはダイアモンド・ユカイさんらと共に「RED WARRIORS」を結成しています。

 

ぼくは全然世代ではないのですが、どっちの音楽も大好きです!

 

それまでも女性ボーカル+男性楽器隊といった構成のグループはいたのですが、このスタイルをこれほどまでにポピュラーなものにしたのは他でもなくこのレベッカの影響が大きいと言えます。

後にデビューしたLINDBERGの渡瀬マキさんやポケットビスケッツの千明さんも、かつてシンガーを目指していた頃はNOKKOさんに憧れていたと明かしているそうです。(Wikiより)

 

いまや、女性ボーカル+男性楽器隊なんて当たり前にいますよね。

例えば、緑黄色〇会とか、Flower Flow〇rとか、ポ〇カドットスティングレイとか、東〇事変とか…。とにかくたくさん!

 

まさに伝説のロックバンド「REBECCA」。(英語発音しっかり!)

今回はそんなレジェンドバンドのドラマ主題歌に注目です。

 

 

さて、

レベッカの歌う連続ドラマ主題歌は何曲あると思いますか?

 

 

始めます。

レベッカとは

1982年結成のロックバンド。1991年2月14日解散。

 

現メンバーは、 NOKKOさん(Vo)、土橋安騎夫さん(Key)、高橋教之さん(Ba)、小田原豊さん(Dr)、の4人。

 

1984年4月21日発売の1stシングル「ウェラム・ボートクラブ」でデビュー。

30万枚を売り上げた4thシングルの「フレンズ/ガールズ ブラボー!」は1985年10月21日に、ミリオンを記録した4thアルバム『REBECCA IV 〜Maybe Tomorrow〜』は11月1日発売された。

 

解散までに、1989年11月22日発売の「LITTLE ROCK」でシングルが13枚、

1989年5月21日発売の『BLOND SAURUS』でオリジナルアルバムが7枚、発売。

 

1995年阪神・淡路大震災の復興支援を目的に再結成。1999年に「フレンズ」のRemix、2000年に「神様と仲なおり/HELLO TEENAGE」、2002年に5thシングル「RASPBERRY DREAM」をRemixと、3枚のシングル作品をリリース。

2015年に再び再結成し、17年ぶりの新曲によるシングルとなる2017年11月1日に17枚目「恋に堕ちたら」をリリース。

 

ほか、ベストアルバム、リミックスアルバム、ライブアルバムなど、あり。

最新のシングルコレクションは2010年4月28日発売の『GOLDEN☆BEST REBECCA』。

連続ドラマ主題歌リスト

フレンズ / ガールズ ブラボー! / Maybe Tomorrow

フレンズをYouTubeで

4thシングル。1985年日本テレビ系、中山秀征さん主演の秋ドラマ『ハーフポテトな俺たち』のエンディングテーマとオープニングテーマと挿入歌。

フレンズ 〜remixed edition〜 / Maybe Tomorrow / ヴァージニティー / Nothing To Lose

14thシングル、他。1999年フジテレビ系、三上博史さん主演の春ドラマ『リップスティック』の主題歌と挿入歌。

NOKKOドラマ主題歌リスト

人魚

 

 

4thシングル。1994年2月から3月までフジテレビ系で放送、内田有紀さん主演のドラマ『時をかける少女』の主題歌。

Natural

 

 

10thシングル。1996年10月から1997年4月にかけて放送、岩崎ひろみさん主演のNHK連続テレビ小説シリーズ第55作目『ふたりっ子』の主題歌。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

レベッカの連続ドラマ主題歌を紹介してきました。

主題歌リスト合計すると1曲でした。

 

1985年にドラマ主題歌としてリリースされた「フレンズ」が13年半の時を経て、1999年に再びドラマ主題歌として返り咲いていました。

双方のドラマとも、挿入歌としてREBECCAの曲を使用しているようだったので挿入歌も紹介しています。

 

さらには、ボーカルNOKKOさんのソロ活動内にもドラマ主題歌が2曲ありました。

1996年から1997年にかけて放送されたNHK連続テレビ小説『ふたりっ子』の主題歌も歌っていたんですね。

合計で8曲紹介です。

 

2020年冬ドラマでもBSテレ東で放送された『ハイポジ』の第7話の挿入歌でも「フレンズ」が流れていたのを観ました。

リリースから35年経過しているにも関わらず、色あせることを知らないレベッカの代表曲の計り知れないパワーを感じます。

 

音楽の力って凄い。

最後までお読みいただきありがとうございました。

終わりに

レベッカのドラマ主題歌を紹介してきましたが、

あくまでレベッカの曲を聴くきっかけとして考えています。

「この曲覚えてる!」「このドラマ面白かった!もう一回見たい!」

「懐かしい」と思い出に浸る、など。

それもいいです。

 

でも、

ドラマ主題歌だけに留まっているのは絶対にもったいないです。

今回の記事ではたった8曲を紹介しただけです。

ぜひ一曲ではなくアルバム単位で購入して聴いてほしいと思います。

 

CDでの購入ももちろんいいのですが、

今の時代、便利なものがあります。まだの方はぜひ。☟

 
気になるアーティストなどの試聴に断然オススメの「Apple Music」。この記事内での30秒試聴はAppleが運営する「Apple Music」で配信している楽曲の試聴となります。「Apple Music」とは人気の定額制の音楽配信サービスです。月額980円で約5000万曲をストリーミングで楽しむことができます。ダウンロードして聴くことも可能で、Wi-Fi環境のもとあらかじめ楽曲をダウンロードしておけば通信ギガ数を減らさずにオフラインで聴くことができます。いま始めると3ヶ月無料お試し期間もあります。記事内では30秒試聴後に出る「今すぐ開始」をクリックすると登録画面に飛びます。こちらからでも☞Apple Musicに登録。2019年6月には登録人数6000万人を突破!

 

NOKKOさんのソロ曲はストリーミングまだなさそう(2020年3月記)

2018年には「恋に堕ちたら」のセルフカバーも収録した最新ソロアルバム『TRUE WOMAN』をリリースしていますね。

 

ライブ情報ですが、NOKKOさんのライブを紹介しようと思ったのですが、

2020年3月から4月に予定されていたライブは中止・延期になってしまいました。

 

奴の影響で全てのコンサート予定は中止、もしくは延期となってしまっています。

延期日程など、ライブ関連の詳細や追加発表はいつあるかわかりません。

マメにチェックしましょう。

 

2017年のツアー移行、レベッカとしてのライブは行っていないようですが、今後の動きには注目したいところ。

だって2019年にはデビュー35周年でしたから、2024年は40周年ですよ!

 

とりあえず、

レベッカが活動していなくても、

NOKKOさんのソロ活動にも注目しよう。

コメント