新ボーカルを迎えた第5期が始動!WANDSのドラマ主題歌を一覧にしてみた。

ドラマ主題歌
スポンサーリンク

WANDSが歌った連続ドラマ主題歌は何曲あるか?

こんにちは、きゅーです。

今回はWANDSのドラマ主題歌をみていこうと思います。

 

WANDSは、2019年11月13日に新ボーカリストとして上原大史さんを迎えた新体制を第5期とし、活動再開を発表しています。

最初「第4期は?」とも思ったのですが、調べてみると2018年から上原大史さんと第1期のメンバーでもある柴崎浩さんと 大島康佑(現・大島こうすけ)さんの3人で2018年から楽曲制作を始めていて、音楽制作開始からデビュー決定までが第4期としているようでした。

 

第5期でデビューするまでに、大島さんが制作に専念する理由で脱退し、第3期メンバ―の木村真也さんが加入して第5期と称した流れが密かに行われていたんですね。

こういった動きに当然のようにファンから出たのが、「ボーカリストが上杉昇さんだった第1期と第2期こそWANDSだ」という意見。

ごもっともです!ぼくもそう思うひとり。

 

上杉さんは現在、ロックバンド猫騙やソロを中心に活動中らしい。

WANDSの代表曲のほとんどはこの上杉さんが歌唱していますよね。

 

 

とはいえ、「WANDS」というバンド名を使って活動するというだけで応援したい気持ちがあるのも事実。

そういう気持ちで「第5期WANDS」を見るとやはり、第5期では制作側に移動はしたけれど、大島こうすけさんの存在はとてつもなく大きいです。1991年から1992年の第1期にも正規メンバーとして在籍していたお方です。

 

大島さんは現在も作曲家・編曲家として活動を続けており、狼バンド・マンウィズ(MAN WITH A MISSION)のアレンジにも多くの曲で参加しているんです。

WANDSで言えば、代表曲の「時の扉」や「恋せよ乙女」の作曲でも知られています。テレビアニメ『名探偵コナン』のオープニングテーマとして起用された第5期の新曲「真っ赤なLip」の作曲・編曲にも携わっていました。

 

ちなみに、テレビアニメ『スラムダンク』のエンディングテーマでも有名な1994年6月8日発売の8thシングル「世界が終わるまでは…」は織田哲郎さん作曲!

 

大島さんが第5期のWANDSの制作側で存在していることは第5期WANDSの期待大な箇所だと改めて思いました。

上杉さんの個人事務所が「WANDS」の商標権を買い取ったという情報も確認できたのですが、仮にもしそうだとして、使用許可を出した理由もその大島さんの存在、つまりは「時の扉」「恋せよ乙女」などの曲にあるんじゃないか思い、

気づけば、上杉さんじゃないとダメだという気持ちは和らぎました。第3期は確かに原型がなくなっていましたが、今回は初期メンバーでWANDS脱退後も上杉さんと「al.ni.co」としてもユニット組んでた柴崎浩さんもいて、明らかに今までとは違います!

 

あたたかい目で見守るとともに皆さんも新生WANDSに期待しましょうよ、

という気持ちを声を大にして言いたい、けど言わない。

 

 

5月リリースの最新曲が「時の扉」以来27年ぶりにドラマ主題歌に決定したというニュースが発表されました。

それをきっかけにと言っては何なのですが、今回はそんなWANDSのドラマ主題歌をふりかえります。

 

さて、

WANDSの歌う連続ドラマ主題歌は何曲あると思いますか?

 

 

始めます。

WANDSとは

1991年結成。

結成時、第1期のメンバーは上杉昇さん(Vo)、柴崎浩さん(Gt)、大島康佑さん(Key)、の3人。

 

1991年12月4日発売の1stシングル「寂しさは秋の色」でデビュー。

3rdシングル「もっと強く抱きしめたなら」を最後に大島康佑さんさんが脱退、木村真也さんが加入。これが第2期の始まり。

 

上杉さんボーカルの第1期・第2期の1997年初頭までの期間で、シングル11枚とオリジナルアルバム4枚をリリース、ヒットを連発した。

 

第3期は1997年より約3年間で4枚のシングルと1枚のアルバムをリリース。

第2期で加入した木村さんを中心に、2代目ボーカルの和久二郎さんとギターに杉元一生さんを迎えての活動だった。

 

そして、2019年11月第2期の2人に新ボーカリストに上原大史さんを迎えた第5期の始動を発表。

2020年1月29日には通算16枚目となるシングル「真っ赤なLip」をリリースした。2020年3月25日発売のオムニバスアルバム『名探偵コナン テーマ曲集6』にこの曲のTV size Ver.で参加。

さらには、5月には新曲「抱き寄せ 高まる 君の体温と共に」のリリースが予定されている。

連続ドラマ主題歌リスト

世界中の誰よりきっと

 

 

中山美穂&WANDS名義のコラボシングル。1992年フジテレビ系、中山美穂さん主演の秋ドラマ『誰かが彼女を愛してる』の主題歌。

時の扉

 

 

4thシングル。1992年4月6日から1993年9月30日までテレビ朝日系で構成されていた深夜オムニバステレビドラマ枠『ネオドラマ』の1993年1月から6月の前期の主題歌。後期主題歌は大黒摩季さん。

抱き寄せ 高まる 君の体温と共に

 

5月リリース予定

17thシングル。2020年BSテレ東で放送、栗山千明さん主演の春ドラマ『サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻(Season2)』の主題歌。Season1の主題歌はThe Super Ball。

連続ドラマ挿入歌リスト

寂しさは秋の色

 

 

1stシングル。1991年関西テレビ・フジテレビ系、沢口靖子さん主演の秋ドラマ『ホテルウーマン』の挿入歌。主題歌はB’z

まとめ

いかがでしたでしょうか。

WANDSの連続ドラマ主題歌を紹介してきました。

主題歌リスト合計すると2020年春ドラマ含め3曲でした。

 

中山美穂さんとのコラボシングルも紹介しました。

そしてどういう形で使用されたかは定かではないのですが、デビュー曲が挿入歌となっていたようなので入れました。

合計4曲ですね。

 

そんなに多いわけでもなかったです。27年前の「時の扉」もゴールデンタイムのドラマ主題歌ではなく、深夜ドラマ枠の期間限定の主題歌としての起用でしたので、

コラボ曲を除けば、第5期にして初に近いドラマタイアップ起用と言ってもいいのかもしれないですね。おめでとうございます!

 

今後も第5期WANDSの活躍に注目です。

話題のタイアップも続いてるのでますます楽しみ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

終わりに

WANDSのドラマ主題歌を紹介してきましたが、

あくまでWANDSの曲を聴くきっかけとして考えています。

「この曲覚えてる!」「このドラマ面白かった!もう一回見たい!」

「懐かしい」と思い出に浸る、など。

それもいいです。

 

でも、

ドラマ主題歌だけに留まっているのは絶対にもったいないです。

今回の記事ではたった4曲を紹介しただけです。

ぜひ一曲ではなくアルバム単位で購入して聴いてほしいと思います。

 

 

ライブ情報ですが、CD購入者を対象としたライブイベントを2月に開催していたようです。

徐々にツアーやイベント出演などのライブ活動も増えてくるかと思いますので、いまはおとなしく待機!

 

ライブ関連の詳細、追加情報などはホームページやSNSでご確認くださいね。

いつ追加情報があってもいいようにマメにチェックしましょう。

 

 

偏見などしないで、温かな心で。

第5期WANDSを皆で応援しよう!

コメント