卓越されたギタープレイと透明感のある歌声 竹内アンナのドラマ主題歌を一覧にしてみた。

ドラマ主題歌
スポンサーリンク

竹内アンナが歌った連続ドラマ主題歌は何曲あるか?

こんにちは、きゅーです。

今回は竹内アンナさんのドラマ主題歌をみていこうと思います。

 

アメリカ・ロサンゼルス出身、京都在住の竹内アンナさんは、スラッピングを取り入れたアコースティックギターのプレイスタイルと聴き心地良い透明感のある歌声が魅力で、若い世代だけでなく同業のミュージシャンからも多く支持を集める人気の新世代シンガーソングライターです。

正式なメジャーデビューとなった2018年8月以前の活動に目を向けてみれば、2017年には参加した❝オーディション❞でのグランプリを獲得、2018年3月にはアメリカの大型フェス『SXSW 2018』への出演。さらにそれを皮切りに日本アーティスト4組が6都市を周るツアーへの参加などで注目を集めていたようでした。当時は現役大学生シンガーソングライターという肩書で活動していたように記憶しています。

今回はそんな竹内アンナさんがこれまで発表した楽曲の中からドラマ主題歌に着目です。メジャーデビューから数えてもまだ2年半、これからタイアップが増えていくことも想定してやってみたいと思います。その都度追加していく所存です。🐵

 

さて、

竹内アンナの歌う連続ドラマ主題歌は何曲あると思いますか?

 

 

始めます。

竹内アンナとは

LA出身、京都在住のシンガーソングライター。

中学1年生の頃からギターでの曲作りを始める。

 

会場限定シングル&デジタルシングル「alright」のリリースを経て、2018年8月8日発売の1stシングル「at ONE」でメジャーデビュー。

これまでに、2020年10月7日発売の「at FOUR」でシングルが4枚、2020年3月18日発売の『MATOUSIC』でアルバムが1枚、発売済。

 

2020年8月8日には『MATOUSIC』のLP盤も発表。

連続ドラマ主題歌リスト

RIDE ON WEEKEND

RIDE ON WEEKENDをYouTubeで

1stアルバム『MATOUSIC』に収録。2020年3月から5月にかけてWOWOWプライムで放送、有村架純さん主演の1話完結オムニバスドラマ『有村架純の撮休』の主題歌。

B.M.B

B.M.BをYouTubeで

配信リリース後、1stアルバム『MATOUSIC』に収録。2020年7月よりTOKYO MXで放送、新鋭女優を主人公としたオムニバス形式ドラマ『スポットライト』第8話9話10話の主題歌。

まとめ

いかがでしたでしょうか。竹内アンナさんの連続ドラマ主題歌を紹介してきました。主題歌リストを合計すると2曲でした。といっても、2曲目の「B.M.B」は連続ドラマの放送が後半に差し掛かったところでの出演&主題歌が正式に発表され、第8話から10話のみの起用でした。

初のドラマ主題歌となった「RIDE ON WEEKEND」はWOWOWの撮休シリーズ第1弾『有村架純の撮休』のタイアップ。11月から12月にかけては第2弾となった竹内涼真さん編が放送され、そちらの主題歌も意外なシンガーだったので違う俳優での第3弾があるのか、タイアップも含めて個人的に注目しています。

元も子もないですがタイアップの有無に限らず、今後の新世代シンガーソングライター竹内アンナさんの活動から目が離せません。

最後までお読みいただきありがとうございました。

終わりに

竹内アンナさんのドラマ主題歌を紹介してきましたが、あくまで竹内アンナさんの曲を聴くきっかけとして考えています。「この曲覚えてる!」「このドラマ面白かった!もう一回見たい!」「懐かしい」と思い出に浸る、などそれもいいです。

でも、ドラマ主題歌だけに留まっているのは絶対にもったいないです。今回の記事ではたった2曲を紹介しただけです。ぜひ一曲ではなくアルバム単位で購入して聴いてほしいと思います。

CDでの購入ももちろんいいのですが、今の時代、便利なものがあります。まだの方はぜひ。☟

無料で音楽聴き放題サービスをはじめよう!
【本気ならおすすめはApple Music】
個人 月額980円
ファミリー(6人まで) 月額1480円
学生 月額480円
曲数 7000万曲超
オフライン再生 有(Wi-Fi環境の元DL)

※金額はいずれもトライアル終了後

 

ライブ情報ですが、昨年から1年間延期された春フェス出演予定があるようです。4月から5月にかけての4日間にわたるイベントなのでまだその時の状況がわからないところもあります。

ライブ関連の詳細、追加などは公式ホームページやSNSでご確認お願い致します。なにかリリースがあればツアーを、と思うものです、が。会場を満員にするライブの開催は難しく、リリースもツアーの発表ができないアーティストも少なくはなさそう。

ただひたすらに、一日も早いコロナの収束をお祈りします。

 

好きなアーティストは音源で聴くだけでなく、

ぜひチケットを手にライブ会場に足を運んでみてください。

コメント