矢井田瞳のドラマ主題歌を一覧にしてみた。視聴率TOP3も!

ドラマ主題歌
スポンサーリンク

矢井田瞳が歌った連続ドラマ主題歌は何曲あるか?

こんにちは、きゅーです。

今回は矢井田瞳さんのドラマ主題歌をみていこうと思います。

 

今年2020年でデビュー20周年を迎える矢井田瞳さんです。愛称はヤイコ。

2019年8月には20周年に向け、新作リリースとしては2016年3月発売の10thアルバム『TIME CLIP』以来となった、ミニアルバム『Beginning』をリリースしました。収録曲には、彼女の代表曲「my sweet darlin’」を始めとしたヒット曲のセルフカバーも3曲収録されています。

新曲は1曲、「いつまでも続くブルー」。

いつまでも続くブルーをYouTubeで

 

まさに20周年を前にタイトルの通り新たにスタートを切った彼女が次に仕掛けるのが、2020年2月12日発売のミニアルバム『Keep Going』。直訳すれば❝立ち止まるな❞。収録曲を見ると7曲中6曲が大ヒット曲をリアレンジしたセルフカバーでした。名曲たちが次々に新たに生まれ変わっています。

 

新曲だけでなくリアレンジされた「my sweet darlin’」や「How?」などもYouTube公式チャンネルで新たにMVが制作され公開されています。ぜひ聴いてみてください!

 

今回はそんなヤイコさんの楽曲の中から

ドラマ主題歌に注目し紹介していこうと思います。

 

さて、

矢井田瞳の歌う連続ドラマ主題歌は何曲あると思いますか?

 

 

 

始めます。

矢井田瞳とは

日本のシンガーソングライター。

 

SEESEE名義での「nothing,」、インディーズでのシングル「Howling」のリリースを経て、

2000年7月12日発売の1stシングル「B’coz I Love You」でメジャーデビュー。

 

2000年9月22日には英国でシングル『I Like 2』をリリース。

「my sweet darlin’」は2000年10月4日発売の2ndシングル。

 

これまでに、2012年7月11日発売の「もぎたての憂鬱」でシングルが21枚、

2016年3月2日発売の『TIME CLIP』でフルアルバムが10枚、発売済。

 

2019年8月14日にはミニアルバム『Beginning』が、

2020年2月12日にはミニアルバム『Keep Going』がリリース。

 

ほか、ベストアルバム、ライブアルバムなど、あり。以上!

平均視聴率ランキングTOP3

1位:京都地検の女(第8シリーズ)

平均視聴率10.3%

 

 

2012年テレビ朝日系、名取裕子さん主演の夏ドラマ。主題歌は9thアルバム『Panodrama』に収録の「サヨナラありがと」。
2位:歓迎!ダンジキ御一行様

平均視聴率9.7%

BuzzstyleをYouTubeで

2001年日本テレビ系、中村雅俊さん主演の秋ドラマ。主題歌は5thシングル「Buzzstyle」。
3位:伝説のマダム

平均視聴率6.6%

2003年日本テレビ系、桃井かおりさん主演の春ドラマ。主題歌は9thシングル「孤独なカウボーイ」。

ランキングは以上です。ここまで3曲。

以下は主題歌リストとなります。古い順です。

連続ドラマ主題歌リスト

Life’s like a love song

2ndアルバム『Candlize』に収録。2001年12月に日本テレビ系の「D-TODAY」枠で放送のドラマ『おいしい女たち』の主題歌。

ビルを見下ろす屋上で

13thシングル「マワルソラ」のカップリング曲。2004年11月から12月までNHK総合で放送、上原美佐さん主演のドラマ『オーダーメイド〜幸せ色の紳士服店〜』の主題歌。

間違いだらけのダイアリー

間違いだらけのダイアリーをYouTubeで

20thシングル。2011年NHK総合で放送、りょうさん主演の秋ドラマ『ビターシュガー』の主題歌。

【番外編】2夜連続ドラマ主題歌リスト

ハネユメ

17thシングル。2007年10月5日、6日にメ~テレ制作、テレビ朝日系列で放送、長澤まさみさん主演のドラマ『ガンジス河でバタフライ』の主題歌。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

矢井田瞳さんの連続ドラマ主題歌を紹介してきました。

視聴率ランキングと主題歌リスト合計すると6曲でした。

 

長澤まさみさん主演の2夜連続ドラマにも主題歌がありました。

合計7曲紹介。

 

2012年の9thアルバム『Panodrama』収録の「サヨナラありがと」が現状ラストのドラマタイアップのようなのですが、

2013年以降はそれまでのペースと比較してもそんなにreleaseしていないのでそれも原因にはありそう。

 

逆に言えば、2012年にしっかりドラマ主題歌に起用されていることが凄いと感じました。

それだけの実力のある女性シンガーソングライターが20周年のアニバーサリーイヤーを迎えるにあたり、

再び本格的に(?)動き出した事実にもう期待しか…ない。(ー_ー)!!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

終わりに

矢井田瞳さんのドラマ主題歌を紹介してきましたが、

あくまで矢井田瞳さんの曲を聴くきっかけとして考えています。

「この曲覚えてる!」「このドラマ面白かった!もう一回見たい!」

「懐かしい」と思い出に浸る、など。

それもいいです。

 

でも、

ドラマ主題歌だけに留まっているのは絶対にもったいないです。

今回の記事ではたった7曲を紹介しただけです。

ぜひ一曲ではなくアルバム単位で購入して聴いてほしいと思います。

 

CDでの購入ももちろんいいのですが、

今の時代、便利なものがあります。まだの方はぜひ。☟

 
気になるアーティストなどの試聴に断然オススメの「Apple Music」。この記事内での30秒試聴はAppleが運営する「Apple Music」で配信している楽曲の試聴となります。「Apple Music」とは人気の定額制の音楽配信サービスです。月額980円で約5000万曲をストリーミングで楽しむことができます。ダウンロードして聴くことも可能で、Wi-Fi環境のもとあらかじめ楽曲をダウンロードしておけば通信ギガ数を減らさずにオフラインで聴くことができます。いま始めると3ヶ月無料お試し期間もあります。記事内では30秒試聴後に出る「今すぐ開始」をクリックすると登録画面に飛びます。こちらからでも☞Apple Musicに登録。2019年6月には登録人数6000万人を突破!

 

ライブ情報ですが、“20th Anniversary” 矢井田瞳 Live Tour「Keep Going」の開催が発表されているほか、

『yaiko x takataka Live Tour「3 -triangle」』が全4公演、イベント出演情報も、ありました。

 

ライブ関連の詳細はホームページやSNSでご確認くださいね。

先行はもう終わってしまっているかもしれません。

 

基本的にはライブの日程が発表されると同時に先行抽選受付が開始されるので、

ぜったい行きたいライブやコンサートはすぐに抽選に応募しましょう。

※アーティストによってはファンクラブ限定抽選を設ける場合もあるようです。

 

 

音源で気に入った音楽は実際にライブに足を運んでみてください。

その歌声と演奏を、生の音で体感することをお勧めします。

コメント