井上陽水のドラマ主題歌を一覧にしてみた。視聴率TOP3も!

ドラマ主題歌
スポンサーリンク

井上陽水が歌った連続ドラマ主題歌は何曲あるか?

こんにちは、きゅーです。

今回は井上陽水さんの連続ドラマ主題歌をみていこうと思います。

 

井上陽水さんは2019年9月1日でデビュー50周年です。

『50周年記念ライブツアー『光陰矢の如し』~少年老い易く 学成り難し~』が

2019年4月7日から6月30日まで全24公演が行われていました。

 

ところがどっこい。

このツアーの千秋楽を前に秋も同名のツアーを継続するというニュースが!

9月22日から11月20日まで全15公演が発表されています。

 

50周年とは思えない活動っぷりですよね。

なんでこんなに今も活動を続けられるのか新しいファンを増やしながら。

 

と、考えたときに、やはり個性的な歌い方をマネするものまね芸人(神無月さん)の影響や、

タモリさんとも仲がいいことで、面白エピソードがあったり。

 

NHKのブラ散歩番組でのエンディングテーマが流れていることや、

奥田民生さんとのユニット「井上陽水奥田民生」としての活動、PUFFYなどのプロデュース活動など、

老若男女問わず名前を目にする機会が多いことも原因のひとつと言えるのかなと感じます。

 

それでいて、いざ曲を聴いてみるとご存知の通り、

独自性のある歌詞、曲の完成度の高さ、抜群の音楽センス、醸し出す空気感、など、

まさに天才と言うべき井上陽水という人物に世代問わずハマってしまうんだろうなって。

 

 

ドラマタイアップでも2017年、日本テレビのドラマのオープニングテーマとして、

1973年に発売された「夢の中へ」が起用されるという事件がありました。

 

これはもう事件でしょ?過去のどの曲がどこのタイアップに使われてもおかしくない。

それくらい井上陽水さんの曲は名曲だらけ。今回はそれらの中からドラマ主題歌に注目です。

 

 

さて、

井上陽水の歌う連続ドラマ主題歌は何曲あると思いますか?

 

 

始めます。

井上陽水とは

日本のシンガーソングライター。

1969年に視聴者が作った音楽を流すコーナーのあるラジオ番組に、宅録した「カンドレ・マンドレ」を持ち込んだことがデビューのきっかけ。

 

1969年9月1日にアンドレ・カンドレ名義でシングル「カンドレ・マンドレ」を発売。

アンドレ・カンドレで3枚のシングルリリースを経て、

1972年3月1日に井上陽水名義で1stシングル「人生が二度あれば」を発売。

同年5月1日に1stアルバム『断絶』を発売。

 

これまでに、2018年7月25日発売の「care」でシングルが50枚、

2010年11月17日発売の『魔力』でオリジナルアルバムが19枚、発売済。

 

他、ベストアルバム、カバー・セルフカバーアルバム、ライブアルバム等あり。

2019年11月27日にはトリビュートアルバム『井上陽水トリビュートアルバム』をリリース。

平均視聴率ランキングTOP3

1位:かりん

平均視聴率31.4%

1993年10月から1994年4月まで放送、細川直美さん主演のNHK連続テレビ小説シリーズ第50作目。主題歌は34thシングル「カナディアン・アコーディオン」。
2位:素晴らしきかな人生

平均視聴率19.7%

1993年フジテレビ系、浅野温子さん主演の夏ドラマ。主題歌は33rdシングル「Make-up Shadow」。
3位:ニューヨーク恋物語

平均視聴率17.2%

1988年フジテレビ系、田村正和さん主演の秋ドラマ。主題歌は18thシングル「リバーサイドホテル」。

ランキングは以上です。ここまで3曲。

以下は主題歌リストとなります。古い順です。

連続ドラマ主題歌リスト

愛は君

35thシングル。1994年TBS系、宅麻伸さん主演の春ドラマ『スチュワーデスの恋人』の主題歌。

移動電話

36thシングル。1994年TBS系、保坂尚樹さん主演の秋ドラマ『夢みる頃を過ぎても』の主題歌。

TEENAGER

39thシングル。1998年日本テレビ系、鈴木蘭々さん主演の冬ドラマ『三姉妹探偵団』の主題歌。

森花処女林

44thシングル。2002年フジテレビ系、竹内結子さん主演の夏ドラマ『ランチの女王』の劇中歌。主題歌はスリー・ドッグ・ナイト

夢の中へ

夢の中へをYouTubeで

49thシングルとして1973年の3rdシングルの表題曲を再リリース。2017年日本テレビ系、松坂桃李さん主演の冬ドラマ『視覚探偵 日暮旅人』のオープニングテーマ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

井上陽水さんの連続ドラマ主題歌を紹介してきました。

視聴率ランキングと主題歌、劇中歌等を合計すると2019年7月時点で

8曲でした。

 

ドラマ『ランチの女王』には劇中歌としての起用でしたので、

ランキングに入る視聴率ではあったのですが、別にしました。(主題歌は洋楽)

 

ドラマ主題歌に限定しても名曲揃いでしたね!

あの曲はドラマ主題歌じゃないのか―…と思ったりもありましたが、これはこれで👍

 

またおすすめの曲を紹介できればと思います。

50周年を越えても井上陽水さんは注目です。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

終わりに

井上陽水さんのドラマ主題歌を紹介してきましたが、

あくまで井上陽水さんの曲を聴くきっかけとして考えています。

「この曲覚えてる!」「このドラマ面白かった!もう一回見たい!」

「懐かしい」と思い出に浸る、など。

それもいいです。

 

でも、

ドラマ主題歌だけに留まっているのは絶対にもったいないです。

今回の記事ではたった8曲を紹介しただけです。

ぜひ一曲ではなくアルバム単位で購入して聴いてほしいと思います。

 

CDでの購入ももちろんいいのですが、

今の時代、便利なものがあります。まだの方はぜひ。☟

気になるアーティストなどの試聴に断然オススメの「Apple Music」。この記事内での30秒試聴はAppleが運営する「Apple Music」で配信している楽曲の試聴となります。「Apple Music」とは人気の定額制の音楽配信サービスです。月額980円で約5000万曲をストリーミングで楽しむことができます。ダウンロードして聴くことも可能で、Wi-Fi環境のもとあらかじめ楽曲をダウンロードしておけば通信ギガ数を減らさずにオフラインで聴くことができます。いま始めると3ヶ月無料お試し期間もあります。記事内では30秒試聴後に出る「今すぐ開始」をクリックすると登録画面に飛びます。こちらからでも☞Apple Musicに登録。2019年6月には登録人数6000万人を突破!

 

ライブ情報ですが、

最初にも言ってしまいましたが、50周年ツアーの後半戦が9月から始まります。

詳しくはホームページやSNSでご確認くださいね。

 

そして50周年ANNIVERSARYですから、他の発表もあるかもしれません。

見逃さないようにしましょう!

 

 

井上陽水さんの50周年を皆で盛り上げよう。

生で音を聴くことに意味がある、ライブって凄い。

コメント