90年代J-POPヒットの仕掛人 織田哲郎のドラマ主題歌を一覧にしてみた。

ドラマ主題歌
スポンサーリンク

織田哲郎が歌った連続ドラマ主題歌は何曲あるか?

今回は織田哲郎さんのドラマ主題歌をみていこうと思います。

 

歌手で作曲家、音楽プロデューサーの織田哲郎さん。

バンド活動の後、1981年にソロシンガーとしてデビュー。1986年にTUBEのヒット曲「シーズン・イン・ザ・サン」の作曲編曲を担当し作曲家としての知名度が急上昇。90年代には人気アニメタイアップでもお馴染みのB.B.クィーンズ「おどるポンポコリン」をヒットさせ、その作曲活動は「負けないで」や「揺れる想い」をはじめとしたZARDの曲や、WANDS&中山美穂の「世界中の誰よりきっと」、さらには大黒摩季さんの「チョット」、DEENの「このまま君だけを奪い去りたい」、T-BOLANの「すれ違いの純情」…など、次々にヒット曲を放出します。

1993年の「小室ブーム」が起こる前の、いわゆる「ビーイングブーム」の土台となっていたのが他でもなく織田哲郎さんでした。その後、「小室ファミリー」と呼ばれる多くのヒットを連発するアーティストたちが現れると、それに負けじと打った手がやはり相川七瀬さん、かと。中学3年生の頃に受けたオーディションで不合格とはなったものの、織田さんの猛プッシュを受けオーディションから1年後にデビューに向けたボイストレーニングをスタートさせたそうです。

相川さんのデビューは1995年で「小室ブーム」のど真ん中。そんな逆境の中でも1stアルバム『Red』は270万枚の売り上げを記録しています。同時期に織田哲郎さんプロデュースでデビューしたバンドには「FIELD OF VIEW」もいます。ヒット曲の「突然」「DAN DAN 心魅かれてく」の作曲がズバリ織田さんでした。ちなみに作詞にZARDの坂井泉水さんだったりもして、「DAN DAN 心魅かれてく」は坂井さんが歌ったVerもあるんですよね。どこかで聴けるかな?

これか☟ZARD7thアルバム。

 

はい、長くなりましたがやっぱり凄すぎました。

今回はそんな織田哲郎さんの自ら歌う楽曲の中からドラマ主題歌に注目し紹介していきたいと思います。

 

織田哲郎の歌う連続ドラマ主題歌は何曲あると思いますか?

 

 

始めます。

織田哲郎とは

日本の作曲家、音楽プロデューサー、シンガーソングライター。

主に1990年代ヒット曲の仕掛け人であり、ビーイングの創立に関わった人物。

1990年代に同じくヒット曲を多く生んだ小室哲哉さんと並ぶ作曲家として知られている。

 

1978年から1981年までビーイング所属のバンド「スピニッヂ・パワー」や「WHY」、「織田哲郎 & 9th IMAGE」のバンドによる音楽活動を経て、

1983年5月21日に1stシングル「2001年」でソロデビューを果たす。

同年6月22日には1stソロアルバム『VOICES』をリリース。

 

1992年3月25日発売の「いつまでも変わらぬ愛を」はポカリスエットのCMソングにもなり、

オリコン1位を獲得、自身最大のヒットとなった。

 

現在、最新のシングルは2017年7月5日発売の「CAFE BROKEN HEART」、

最新のアルバム作品は2013年10月30日発売の『W FACE』である。

 

 

ほか、コラボシングル作品や、配信限定曲、ベストアルバムなど、あり。

最新のベストアルバムは2008年9月10日発売の『GROWING UP 1983-1989』がある。

連続ドラマ主題歌リスト

君の瞳にRainbow

14thシングル。1992年4月から12月まで日本テレビ系で放送、水谷豊さん主演のドラマ『刑事貴族3』後期のエンディングテーマ。前期のエンディングテーマは鈴木雅之さん。

キズナ

 

 

18thシングル。2000年TBS系、高橋克典さん主演の春ドラマ『サラリーマン金太郎2(第2期)』の主題歌。第1期と第4期の主題歌はTHE ALFEE、第3期の主題歌は高橋克典さん。

※動画配信サービスサイトについての注意

月ノ涙

21stシングル。2007年フジテレビ系、秋の昼帯ドラマ『愛の迷宮』の主題歌。

※動画配信サービスサイトについての注意

コラボ曲によるドラマ主題歌リスト

憂鬱は眠らない

 

 

織田哲郎&大黒摩季のシングル。1993年9月から12月まで放送、読売テレビ制作の朝の連続ドラマ『のんの結婚』の主題歌。
※動画配信サービスサイトについて

 

リンクした作品の配信確認は2021年7月11日時点です。

最新の配信状況は公式の各動画配信サービスサイトでご確認ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

織田哲郎さんの連続ドラマ主題歌を紹介してきました。

主題歌リスト3曲とコラボレーション曲の主題歌1曲で

合計4曲ですね。

 

自身の音楽活動でも4曲のドラマタイアップがあり、

楽曲提供では何十年も愛されるような名曲を多く送り出していることに改めて驚きました。

 

曲の制作者が誰なのか?を全く気にしていなかったら、これでもかというくらいに

名前も知らないままだった人がいた可能性もあるのではないでしょうか。

 

それくらいあくまで裏方の力持ちとも言うべき日本音楽界での存在感。

記事にしてよかったと思います。

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

終わりに

織田哲郎さんのドラマ主題歌を紹介してきましたが、

あくまで織田哲郎さんの曲を聴くきっかけとして考えています。

「この曲覚えてる!」「このドラマ面白かった!もう一回見たい!」

「懐かしい」と思い出に浸る、など。

それもいいです。

 

でも、

ドラマ主題歌だけに留まっているのは絶対にもったいないです。

今回の記事ではたった4曲を紹介しただけです。

ぜひ一曲ではなくアルバム単位で購入して聴いてほしいと思います。

 

CDでの購入ももちろんいいのですが、今の時代、便利なものがあります。

とはいえ、今回紹介できた4曲のうち聴けるのは29秒試聴のある「月ノ涙」のみ!

それでも始める価値はあります。まだの方はぜひ。☟

無料で音楽聴き放題サービスをはじめよう!
【本気ならおすすめはApple Music】
個人 月額980円(税込)
ファミリー(6人まで) 月額1480円(税込)
学生 月額480円(税込)
曲数 7000万曲超
オフライン再生 有(Wi-Fi環境の元DL)

※金額はいずれもトライアル終了後、且つ記事作成時の情報となります。

最新の詳細は登録時Apple Music画面でご確認ください。

 

ライブ情報ですが、

2019年10月には 織田哲郎 LIVE TOUR 『猪突猛 SING! SING! SING!』と称し、

大阪、名古屋、東京、と3公演周っていたようです。終わっていました💦

 

まだあります!

今年12月21日には、Xmas Special Live@Motion Blue YOKOHAMA『Xmas Special Live〜Jazzy Night〜』が開催。

関東以外にも、来年の2月には『幻奏夜Ⅳ』が2月23日、24日と大阪と名古屋で開催されるようですよ。

 

ライブ関連の詳細は公式ホームページやSNSでご確認をお願いします。

追記☞情報の確認はブログ、ホームページよりTwitterがベストかもしれません。ぜひフォローを!-追記完-

 

そして唐突ではありますが、2015年から活動しているダイヤモンド・ユカイさんがボーカルを務め、織田哲郎さんギターで参加するバンド「ROLL-B DINOSAUR」の活動にも注目です。

 

こうして今でも自身が音楽活動を続けていてくれていることが本当に嬉しいですよね。

貴重なライブを見逃さないようにしましょう!

コメント