日本を代表する音楽家-Ryuichi Sakamoto- 坂本龍一が担当したドラマテーマ曲を一覧にしてみた。

ドラマ主題歌
スポンサーリンク

坂本龍一が担当した連続ドラマテーマ曲は何曲あるか?

こんにちは、きゅーです。

今回は坂本龍一さんのドラマタイアップをみていこうと思います。

 

坂本龍一さんといえば、現在嵐の櫻井翔さんと共演するCMのイメージが強いですよね。2014年の62歳のときに中咽頭がんを患い、その治療の経験から保険のCMに出演しているあの方です。若い世代には特にそのCMのイメージしかないかも…。

いやいや、日本を代表する音楽のスペシャリストですよ。主に30代、40代前半の方は「ウラBTTB」で、それ以上の方は映画『戦場のメリークリスマスのテーマ』などの映画音楽のイメージ、といったところでしょうか。

 

アルバム『BTTB』に続いて発売された「ウラBTTB」は1999年5月26日発売のシングル。1曲めに収録の「energy flow」はCMタイアップも付き話題となり、インストのシングルとして初めて週間オリコンチャートで1位を記録しました。『戦場のメリークリスマス』は1983年5月28日公開の映画作品で大島渚さん監督の日本、英国、オーストラリア、ニュージーランドの合作映画で、坂本さんはそのテーマ曲だけでなく、俳優としても出演しマルチな才能を発揮しています。テーマ曲は英国のアカデミー賞で作曲賞を受賞しました。

 

そうそう!マルチな才能という面で忘れてはいけないのが『ダウンタウンのごっつええ感じ』でコントにも挑戦していて、これがギャップが凄くて本当に面白いです。(笑)

 

もちろん『戦場のメリークリスマス』以来、邦画だけでなく海外の映画のテーマ曲の制作も多くしていて、それは2019年も継続しています。日本を代表する音楽家として。今回はそんな坂本龍一さんのこれまでの活動のなかから、敢えてドラマテーマ曲に注目し紹介していこうと思います。

 

さて、

坂本龍一が手掛けた連続ドラマテーマ曲は何曲あると思いますか?

 

 

始めます。

坂本龍一とは

日本の音楽家。1952年生まれの東京都出身。

 

1978年10月25日に1stアルバム『千のナイフ』でソロデビュー。

同年、細野晴臣さん、高橋幸宏さんと共にYMO(イエロー・マジック・オーケストラ)を結成し11月25日に1stアルバム『YELLOW MAGIC ORCHESTRA』をリリース。(1979年5月にはUS版も制作、世界デビュー)

 

1983年のYMOの”散開”後もYMOはたびたび活動再開することもあったりなかったり。

“散開”後も坂本さんはソロで多方面で活躍を見せ、1983年公開の映画『戦場のメリークリスマス』では英国でアカデミー賞の作曲賞など、それを皮切りに多くの映画音楽を担当します。

 

2014年に中咽頭がんを患うも、2015年には『母と暮せば』と『レヴェナント:蘇えりし者』の映画音楽で復帰。

現在も日本だけでなく、海外の映画作品で多数音楽を担当していることはもちろん、CMやドラマテーマ曲制作など世界規模で活動を続けています。

 

2017年3月29日には『out of noise』以来、8年ぶりのオリジナルアルバム『async』が発売された。それに加え、

『BTTB』の発売から20周年を迎えた2018年には、シングル「ウラBTTB」の「energy flow」も追加収録した『BTTB -20th Anniversary Edition-』が発売。

坂本龍一の連続ドラマのテーマ曲リスト

The Other Side Of Love

坂本龍一featuring Sister Mのシングル。1997年日本テレビ系、高岡早紀さん主演の冬ドラマ『ストーカー 逃げきれぬ愛』の主題歌。

LOST CHILD

2000年発表のシングル。2000年日本テレビ系、中谷美紀さんと渡部篤郎さん主演の春ドラマ『永遠の仔』のメインテーマ。エンディングテーマはイクシード、挿入歌は中谷美紀さん。

FUMOCHITAI~メインテーマ~

2009年発表の楽曲。2009年フジテレビ系、唐沢寿明さん主演の秋ドラマ『不毛地帯』のオープニングテーマ。エンディングテーマはトム・ウェイツ

八重の桜~メインテーマ~

2013年発表の楽曲。2013年1月から12月まで放送、綾瀬はるかさん主演のNHK大河ドラマ『八重の桜』のオープニングテーマ。

【番外編①】イギリスの人気連続ドラマシリーズのテーマ音楽

BLACK MIRROR(シーズン5)

 

 

2019年6月にサウンドトラックが配信リリース。同年6月5日にNetflixでドラマ配信開始された、『BLACK MIRROR(シーズン5)』の音楽全般。

【番外編②】YMOの連続ドラマ主題歌リスト

ポケットが虹でいっぱい

 

 

1993年発表の10thアルバム『テクノドン』の先行シングルとしてリリースされたエルヴィス・プレスリーの日本語カバー。1993年TBS系、加勢大周さん主演でさくらももこさん脚本の春ドラマ『さくらももこランド 谷口六三商店』の主題歌。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

坂本龍一さんの連続ドラマのテーマ曲を紹介してきました。

2019年12月時点で4作品の連続ドラマテーマ曲がありました。

 

見落としがあるか、正直自身はないです!(キッパリ)

2019年にNetflixで放送の海外連続ドラマ、YMOによる連続ドラマ主題歌もありました。

合計6作品紹介したことになります。

 

坂本龍一 featuring Mによる楽曲からNHK大河ドラマのテーマ曲まで担当した作品も幅広いですね。

“M”は坂本美雨さんで、「The Other Side of Love」の日本語バージョン「砂の果実」は中谷美紀さんのシングルにもなりました。

 

ドラマテーマ曲をまとめましたが、坂本龍一さんはやはり映画のテーマ曲のイメージの方がしっくりきますね!

元も子もないことを言ってしまいました!(笑)

 

 

今後も坂本龍一さんの世界規模の活躍に注目していきます。

この記事をきっかけに坂本龍一さんの作品もいろいろ聴いてみてほしいと思います。

 

CDでの購入ももちろんいいのですが、

今の時代、便利なものがあります。まだの方はぜひ。☟

 
気になるアーティストなどの試聴に断然オススメの「Apple Music」。この記事内での30秒試聴はAppleが運営する「Apple Music」で配信している楽曲の試聴となります。「Apple Music」とは人気の定額制の音楽配信サービスです。月額980円で約5000万曲をストリーミングで楽しむことができます。ダウンロードして聴くことも可能で、Wi-Fi環境のもとあらかじめ楽曲をダウンロードしておけば通信ギガ数を減らさずにオフラインで聴くことができます。いま始めると3ヶ月無料お試し期間もあります。記事内では30秒試聴後に出る「今すぐ開始」をクリックすると登録画面に飛びます。こちらからでも☞Apple Musicに登録。2019年6月には登録人数6000万人を突破!

 

きっかけってどこに転がっているかわかりませんからね。

意識すればいつでもどこでも聴ける時代です。

 

では今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント