日本を代表する音楽家-Ryuichi Sakamoto- 坂本龍一が担当したドラマテーマ曲を一覧にしてみた。

ドラマ主題歌
スポンサーリンク

坂本龍一が担当した連続ドラマテーマ曲は何曲あるか?

こんにちは、きゅーです。

今回は坂本龍一さんのドラマタイアップをみていこうと思います。

 

ミュージシャンで作曲家の坂本龍一さん。主に30代、40代前半の方は「ウラBTTB」で、それ以上の方は映画『戦場のメリークリスマスのテーマ』などの映画音楽のイメージ、といったところでしょうか。日本を代表する音楽のスペシャリストでありながら、ダウンタウンとの交流も深くいつだったか『ダウンタウンのごっつええ感じ』でコントにも挑戦していて、その記憶がどうしても取れなくて…。

どんなに渋く決めていてもひょうきんな一面も知っているのでずっと個人的にファンです。🐒(笑)現在嵐の櫻井翔さんと共演するがん保険のCMのイメージお強いですよね。2014年の62歳のときに中咽頭がんを患い、その治療の経験から出演となったのですが、ほんとに治ってよかったと心底思います。

 

アルバム『BTTB』に続いて発売された「ウラBTTB」は1999年5月26日発売のシングル。その1曲めに収録の「energy flow」はCMタイアップも付き話題となり、インストのシングルとして初めて週間オリコンチャートで1位を記録しました。

『戦場のメリークリスマス』は1983年5月28日公開の映画作品で大島渚さん監督の日本、英国、オーストラリア、ニュージーランドの合作映画で、坂本さんはそのテーマ曲だけでなく、俳優としても出演し音楽だけでなくその存在感を発揮していました。

 

今回はそんな坂本龍一さんのこれまでの活動のなかから、

敢えてドラマテーマ曲に注目し紹介していこうと思います。

 

さて、

坂本龍一が手掛けた連続ドラマテーマ曲は何曲あると思いますか?

 

 

始めます。

坂本龍一とは

日本の音楽家。1952年生まれの東京都出身。

 

1978年10月25日に1stアルバム『千のナイフ』でソロデビュー。

同年、細野晴臣さん、高橋幸宏さんと共にYMO(イエロー・マジック・オーケストラ)を結成し11月25日に1stアルバム『YELLOW MAGIC ORCHESTRA』をリリース。(1979年5月にはUS版も制作、世界デビュー)

 

1983年のYMOの”散開”後もYMOはたびたび活動再開することもあったりなかったり。

“散開”後も坂本さんはソロで多方面で活躍を見せ、1983年公開の映画『戦場のメリークリスマス』では英国でアカデミー賞の作曲賞など、それを皮切りに多くの映画音楽を担当します。

 

2014年に中咽頭がんを患うも、2015年には『母と暮せば』と『レヴェナント:蘇えりし者』の映画音楽で復帰。

現在も日本だけでなく、海外の映画作品で多数音楽を担当していることはもちろん、CMやドラマテーマ曲制作など世界規模で活動を続けています。

 

2017年3月29日には『out of noise』以来、8年ぶりのオリジナルアルバム『async』が発売されそれに加え、

『BTTB』の発売から20周年を迎えた2018年には、シングル「ウラBTTB」の「energy flow」も追加収録した『BTTB -20th Anniversary Edition-』が発売。

坂本龍一の連続ドラマのテーマ曲リスト

The Other Side Of Love

坂本龍一featuring Sister Mのシングル。1997年日本テレビ系、高岡早紀さん主演の冬ドラマ『ストーカー 逃げきれぬ愛』の主題歌。

LOST CHILD

2000年発表のシングル。2000年日本テレビ系、中谷美紀さんと渡部篤郎さん主演の春ドラマ『永遠の仔』のメインテーマ。エンディングテーマはイクシード、挿入歌は中谷美紀さん。

FUMOCHITAI~メインテーマ~

2009年発表の楽曲。2009年フジテレビ系、唐沢寿明さん主演の秋ドラマ『不毛地帯』のオープニングテーマ。エンディングテーマはトム・ウェイツ

八重の桜~メインテーマ~

2013年発表の楽曲。2013年1月から12月まで放送、綾瀬はるかさん主演のNHK大河ドラマ『八重の桜』のオープニングテーマ。ほか音楽担当しているのは中島ノブユキさん。

※動画配信サービスサイトについての注意

【番外編①】YMOの連続ドラマ主題歌リスト

ポケットが虹でいっぱい

 

 

1993年発表の10thアルバム『テクノドン』の先行シングルとしてリリースされたエルヴィス・プレスリーの日本語カバー。1993年TBS系、加勢大周さん主演でさくらももこさん脚本の春ドラマ『さくらももこランド 谷口六三商店』の主題歌。

【追加番外編②】ショートドラマ『きょうの猫村さん』主題歌を作曲

猫村さんのうた

配信シングル。2020年4月からテレビ東京系で放送、松重豊さん主演のショートドラマ『きょうの猫村さん』の主題歌の作曲担当。

※動画配信サービスサイトについての注意

※動画配信サービスサイトについて

 

リンクした作品の配信確認は2021年10月8日時点です。

最新の配信状況は公式の各動画配信サービスサイトでご確認ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

坂本龍一さんの連続ドラマのテーマ曲を紹介してきました。

2019年12月時点で4作品の連続ドラマテーマ曲がありました。

 

見落としがあるか、正直自身はないです!←

別枠でYMOによる連続ドラマ主題歌と、追加としてテレ東系ドラマ『きょうの猫村さん』で主演の松重豊さんが歌う主題歌を作曲していたので入れました。

合計6作品紹介したことになります。

 

坂本龍一 featuring Mによる楽曲からNHK大河ドラマのテーマ曲まで担当した作品も幅広いですね。

“M”は坂本美雨さんで、「The Other Side of Love」の日本語バージョン「砂の果実」は中谷美紀さんのシングルにもなりました。

YMO含めボーカルがある曲があるので一概に劇伴音楽紹介とまとめてしまうのはちょっと違うのかなと。

 

またゲストボーカルを迎えたタイアップも可能性がゼロではないし、世界規模で映画やドラマの音楽で作品を盛り上げていくのは間違いなさそう。

今後も坂本龍一さんの世界規模の活躍に注目していきます。

終わりに

坂本龍一さんのドラマ主題歌・音楽を紹介してきましたが、

あくまで坂本龍一さんの曲を聴くきっかけとして考えています。

「この曲覚えてる!」「このドラマ面白かった!もう一回見たい!」

「懐かしい」と思い出に浸る、など。

それもいいです。

 

でも、

ドラマ主題歌だけに留まっているのは絶対にもったいないです。

今回の記事ではたった6曲を紹介しただけです。

ぜひ一曲ではなくアルバム単位で購入して聴いてほしいと思います。

 

CDでの購入ももちろんいいのですが、

今の時代、便利なものがあります。まだの方はぜひ。☟

無料で音楽聴き放題サービスをはじめよう!
【本気ならおすすめはApple Music】
個人 月額980円(税込)
ファミリー(6人まで) 月額1480円(税込)
学生 月額480円(税込)
曲数 7000万曲超
オフライン再生 有(Wi-Fi環境の元DL)

※金額はいずれもトライアル終了後、且つ記事作成時の情報となります。

最新の詳細は登録時Apple Music画面でご確認ください。

 

きっかけってどこに転がっているかわかりませんからね。

意識すればいつでもどこでも音楽に向き合い、聴くことができる時代です。

 

では今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント