30周年メモリアルイヤーを駆け抜け31年目!SING LIKE TALKINGのドラマ主題歌を一覧にしてみた。

ドラマ主題歌
スポンサーリンク

SING LIKE TALKINGが歌った連続ドラマ主題歌は何曲あるか?

こんにちは、きゅーです。

今回はSING LIKE TALKINGのドラマ主題歌をみていこうと思います。

 

SLTは1985年に佐藤竹善さんと藤田千章さんを中心に結成されました。

1988年にデビューなので昨年2018年に30周年を迎えたことになります。

 

個人的な話になりますが、ぼくがSLTの曲を聴き始めた2003年でした。

2003年はその年いっぱいでSLTが活動休止をし、翌年からソロ活動に専念するということが決定していた頃。

 

ラジオの企画で佐藤竹善さんが匿名で曲を出したんですよ。

「歌ってる私は誰でしょう?」的なやつで、若っ貴名義の「BOKU-SING」という曲でした。

それがまたいい声で、「誰だ誰だ?」ってなって。

「佐藤竹善さんでしたー!」ってなったときに、当時今更ながらSLT聴き始めて、

いまもSLT好きなんです。

 

竹善さんはその時SLTの活動休止が決まっていて自分の実力を試したかったようで、

ラジオのリスナーをSLTの世界に何人も引きずり込んだのは間違いないと思う。

なんといっても竹善さんの歌声な!

 

今回はSLTのドラマ主題歌を紹介します。

おすすめ曲や定番曲というくくりではなく、ドラマ主題歌をきっかけにSLTの世界に入門するのも良いと思うのです。

 

さて、

SING LIKE TALKINGの歌う連続ドラマ主題歌は何曲あると思いますか?

 

 

始めます。

SING LIKE TALKINGとは

1985年結成、日本のロックバンド。

現メンバーは佐藤竹善さん、藤田千章さん、西村智彦さんの3人。

 

1988年9月30日に「Dancin’ With Your Lies」でデビュー。

1991年2月1日発売の「Step Of Love」がヒット。

1993年2月25日発売の6thアルバム『ENCOUNTER』と、1994年4月27日発売の7thアルバム『togetherness』がオリコンで1位を記録。

 

2003年秋のツアー終了から活動休止期間に入り、ソロ活動に専念。

2010年には正式に活動を再開した。

 

(追記含め)これまでに、2021年3月10日発売の「春雷 feat. 露崎春女」でシングルが43枚、

2018年1月17日発売の『Heart of Gold』でオリジナルアルバムが14枚、発売済。

 

ほか、リミックスアルバム、ベストアルバムなど、あり。

最新のベストアルバムは2018年8月22日発売の『3rd REUNION』。

平均視聴率ランキングTOP3

1位:菊次郎とさき(第1シリーズ)

平均視聴率12.0%

HelloをYouTubeで

2003年テレビ朝日系、陣内孝則さんと室井滋さん主演の夏ドラマ。主題歌は33rdシングル「Hello」。第2シリーズの主題歌は久保田利伸さん。第3シリーズの主題歌はやなわらばーさん。
2位:ブラックリベンジ

闇に咲く花 〜The Catastrophe〜をYouTubeで

2017年日本テレビ系、木村多江さん主演の秋ドラマ。主題歌は40thシングル「闇に咲く花 〜The Catastrophe〜 feat.サラ・オレイン」。

※動画配信サービスサイトについての注意

3位:スパイラル〜町工場の奇跡〜

SpiralをYouTubeで

2019年テレビ東京系、玉木宏さん主演の春ドラマ。主題歌は41stシングル「Spiral」。

※動画配信サービスサイトについての注意

ランキングは以上です。ここまで3曲。

ここからはイメージソングです。

連続ドラマイメージソングリスト

魔力

2001年日本テレビ系、桃井かおりさん主演の夏ドラマ『ビューティ7』のイメージソング。

【番外編】佐藤竹善ソロによる連続ドラマ挿入歌リスト

WIND OF CHANGE

3rdシングル。1999年TBS系、竹中直人さん主演の秋ドラマ『ヤマダ一家の辛抱』の挿入歌。主題歌は郷ひろみさん。
※動画配信サービスサイトについて

 

リンクした作品の配信確認は2021年6月29日時点です。

最新の配信状況は公式の各動画配信サービスサイトでご確認ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

SING LIKE TALKINGの連続ドラマ主題歌を紹介してきました。

視聴率ランキングとイメージソングリストを合計すると4でした。

 

佐藤竹善さんソロ楽曲の中にも挿入歌が1曲ありました。合計5曲紹介。

視聴率1位の作品はちょうど活動休止直前の頃になるのでしょうか。その後しばらくはドラマタイアップはなく、2017年にコラボレーション楽曲で突然の主題歌起用。

31周年目に突入した2019年にはSLT単体で発表した楽曲にドラマタイアップがありました。

 

ここにきてこの3年の間に2作品のドラマタイアップへの起用は凄いですね。

30周年を越えてもまだまだSING LIKE TALKINGの活動から目が離せない。

終わりに

SING LIKE TALKINGのドラマ主題歌を紹介してきましたが、

あくまでSING LIKE TALKINGの曲を聴くきっかけとして考えています。

「この曲覚えてる!」「このドラマ面白かった!もう一回見たい!」

「懐かしい」と思い出に浸る、など。

それもいいです。

 

でも、

ドラマ主題歌だけに留まっているのは絶対にもったいないです。

今回の記事ではたった5曲を紹介しただけです。

ぜひ一曲ではなくアルバム単位で購入して聴いてほしいと思います。

 

CDでの購入ももちろんいいのですが、

今の時代、便利なものがあります。まだの方はぜひ。☟

無料で音楽聴き放題サービスをはじめよう!
【本気ならおすすめはApple Music】
個人 月額980円(税込)
ファミリー(6人まで) 月額1480円(税込)
学生 月額480円(税込)
曲数 7000万曲超
オフライン再生 有(Wi-Fi環境の元DL)

※金額はいずれもトライアル終了後、且つ記事作成時の情報となります。

最新の詳細は登録時Apple Music画面でご確認ください。

 

ライブ情報ですが、2019年8月に東京3公演、大阪1公演のライブをやっていたみたい💦

30周年アニバーサリーイヤーを駆け抜け、31周年目もドラマタイアップシングルのリリースなど勢力的な活動を継続中。

 

佐藤竹善さんソロも含め、ライブの詳細は公式ホームページやSNSでご確認お願い致します。

いつ情報の追加があっても良いようにマメなチェックを忘れずに。

SNSはあらかじめフォローしておきましょう。

 

好きな音楽は音源で聴くだけでは勿体ないです。

初めて聴いた方も、少しでも好きかもと思ったのなら

ぜひライブ会場に足を運んでみてくださいね!

コメント